スポンサーリンク

2024年度生産分がわずか1日未満で完売したXiaomi SU7、いきなり事故が発生したり、返金不能だったりトラブルが多発


Appleが10年以上開発していた電気自動車を開発中止する中、スマートフォンメーカーのシャオミが満を持して発売したXiaomi SU7の価格が3/28に発表され、2024年度の生産分が24時間未満で完売しました。

ポルシェタイカンやテスラモデルSに匹敵するスペックかつ低価格という事でいきなりの大ヒットが約束されましたが、納車までの時間が延長されたり、キャンセルのデポジットが払い戻されなかったり、デモカーに試乗した人が事故を起こすなどトラブルも多発しています。
Xiaomi SU7事故2 2024-4-2


Xiaomi SU7価格2 2024-4-2
Xiaomi SU7  450万円〜
Xiaomi SU7 Pro 515万円〜
Xiaomi SU7 Max 628万円〜
エントリーモデルで295馬力、航続距離700kmとコスパが優れ大人気で、
3/28に価格が発表されると同時に予約受付が始まり、デポジットに10万円が必要でわずか4分で1万件のオーダーを受注し、最終的には24時間以内に2024年度生産予定分の8万8898件の予約が入りました。


生産はメルセデスベンツの筆頭株主でもある国有企業の北京汽車工業控股(BAIC)の子会社の工場で生産されます。
もちろんフル生産体制ではなく、シャオミは自社での生産工場も持っており、2025年からはさらに生産体制が強化されます。



シャオミは先週金曜日から全国29都市の59店舗で試乗会が始まり大人気でしたが、
その分無謀な運転もするバカも居たせいで事故がいくつか発生しています。


Xiaomi SU7事故1 2024-4-2

事故の原因はトラクションコントロールシステムがうまく機能していないと言う人がいますが、
SNS上で溢れている他自動車メーカーの事故と同じくシャオミだから発生しているのではなく、ただ運転手が原因だと思われます。


他にも上位モデルのSU7ProやProMaxを注文した人は半年以上待たないといけないくらい人気で待ちきれない一部の人達がキャンセルを申請するも、サーバーエラーのせいで返金されなかった例もありました。(現在は解消済み)
デビューして多く注目されているのでその分トラブルも発生していますが、これからはファーウェイもEVを導入してくるので中国勢のEVはますます覇権を握り、日本やヨーロッパメーカーはもう勝つのは不可能でしょう。

未だに「中国製EVより日本製EVの方が優れていて安心」と思い込んでる層がかなり多いのが結構やばいよね。
日本車なんて偽装改ざんで一切信用できん。


スマホメーカー初の自動車 Xiaomi SU7のオートパイロットで駐車してみた





日向夏(著), しのとうこ(イラスト)





関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示