スポンサーリンク

メルセデスベンツAMG GTはV8から4気筒エンジンへと変更されました


去年8月に軽量素材を利用したのにも関わらず前モデルより400kgも太った新生AMG GTにエントリーモデルとして、
新しい 「Mercedes-AMG GT 43 クーペ」がラインナップに追加されました。

AMG GT43ではこれまでの4.0リッターV8ツインターボエンジンから2.0リッター4気筒ターボエンジンへとダウンサイジング化と後輪駆動かされ、ダイナミックなハンドリングとコーナリング性能を備えた新しいスポーツカーとなっています。
amggt2 2024-3-19


amggt7 2024-3-19
エントリーモデルのAMG GT 43にはV8エンジンから2.0リッター4気筒ターボエンジンへとだいぶ小さくなりましたが、パワーは412馬力/500Nmと超強力でこれはF1で使用されているエレクトリックエキゾーストガスターボチャージャー技術を使用しています。
また、ブースト機能で一時的に14馬力追加ブーストされます。
AMG SPEEDSHIFT MCT 9G トランスミッション (MCT = マルチクラッチ トランスミッション) では、トルクコンバータの代わりに湿式始動クラッチが使用されます。重量が軽減され、質量慣性が低いため、特にスプリント時や荷重変化時のアクセル ペダル コマンドに対する応答が最適化されます。

amggt6 2024-3-19
amggt5 2024-3-19
amggt3 2024-3-19
amggt1 2024-3-19
amggt4 2024-3-19

去年デビューした2代目AMG GTはSL AMGのプラットフォームを採用した事で2+2シーター化(オプション)されAWDシステムを搭載。
軽量素材を使用しているのに初代より400kgも重量が上がり585馬力に1970kgと言う重量級になってしまいましたが、
AMG GT43では後輪駆動化にエンジンも小型化されているのでかなりダイエットに成功しているはず。(デブデブ言われすぎたのかプレスリリースを見ても車両重量は掲載していない)

このエンジンはロータスエミーラに搭載されている4気筒エンジンと同じなのかな?

価格も当然安くなっているはずですが、何度も言うようにメルセデスベンツはGクラス以外新車で買ってはいけないので中古で買いましょう。
新車で買ってもリセール最悪なのでとんでもない速度で価値が下がりまくります。



軽量素材を使用しハイブリッドでもないのに前世代より400kgも太ってしまったメルセデスAMG GTがガッカリな件


関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

GT63が3000万くらいするし1800万くらいしそう
誰が買うねん迷走してんな

 

i8でハイブリッドだとしても小排気量プレミアムは求められていないって分かっていたのにね

屋根付きのSLだな
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示