スポンサーリンク

ドナルド・トランプ氏「電気自動車は遠くに行けないしコストが高すぎる。全て中国製になるだろう」 他


大統領選挙に立候補し11月には新大統領が決まるアメリカ。
ジョー・バイデン氏とドナルド・トランプ氏が再び戦いますが、トランプ氏が選出されればバイデン氏の電気自動車政策が全て廃止になる可能性が非常に高く自動車メーカーにとってはこの大統領選に振り回される状況です。
トランプ大統領 2024-3-18


2020-02-17_トランプ大統領
トランプ氏は最近のインタビューで電気自動車について次のように述べています。

「私は電気自動車を支持しますが、代替手段もすべて用意する必要があります。まず第一に、電気自動車は遠くには行けないし、コストが高すぎるし、すべて中国で製造されるだろう。ただ電気を使うことはできません。送電網は生産と流通の課題に対応できていません。」

トランプ元大統領は過去に電気自動車はアメリカの雇用が減り自動車産業破壊するだろうと述べていました。




ダッジ チャージャー デイトナ7 2024-3-6
電気自動車のバッテリーに使用しているリチウムのほとんどが中国が牛耳っている以上、コスト面で中国車に勝つのはほぼ不可能。
日本人はEVでも世界一だと思い込んでいる人が殆どですが、実際には技術面でも中国の方が優れており、既にEVの分野に置いて日本メーカーが中国とアメリカに勝てる要素はありません。




まだ納車が始まっていませんが、パガーニユートピアのオープンモデル「ユートピアロードスター」の開発車両が初目撃。
クーペ99台、ロードスター99台で両方とも既に完売済み。

年内にも正式に発表されそうですね。



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 

リチウムの主な産地はオーストラリアとチリで中国が強いのはリチウムイオン電池の
サプライチェーンの主導的立場を築けたから

なんで他の国が本気で資本投入すればいつまでも中国優位の状況が続くわけではない

No title

EVで日本が世界一なんて思ってる知恵遅れなんているのか?
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示