スポンサーリンク

【噂はマジだった】ブガッティ、シロン後継モデルのV16ハイブリッドエンジンを先行公開


ブガッティはシロン発表から8年が経ち、次期ハイパーカーの最初の公式情報となるV16エンジンを公開しました。
ついにブガッティにも電化の波が訪れ、シロンの後継モデルはV16ハイブリッドエンジンになる事が正式に確認されました。
01 BUGATTI_Pour-l-Eternite 16-9 2024-2-29



公開された情報は「V16ハイブリッドエンジン」と「6月に次の情報開示」のみ。
自然吸気なのかクワッドターボなのかスーパーチャージャーなのかは一切不明です。




ブガッティリマック1 2022-3-31
ブガッティリマック設立時にちょっとだけ公開されたシロンの後継モデル。
既にVIPには後継モデルのデザインや名前が発表されており、当時からV16ハイブリッドエンジンになると言う情報が出ていたのでこれまでの情報が正しかった事が証明されました。


当時出ていた噂ではコスワース製の8.3リッターV16自然吸気エンジンにフロントアスクル、リアアスクル、ギアボックスに電気モーターを搭載したハイブリッド車で現行のシロンより200PSアップの1800PSと言われています。

ただ、モーターだけで800PS、V16エンジンだけで1000PSとなっているのでエンジンパワーは現行の8.0リッターW16クワッドターボエンジンよりも性能が落ちています。



W16ミストラル6 2024-2-8
既に見た人の情報ではリアデザインは少しマクラーレンP1ぽかったと言っています。



03 BUGATTI_BOLIDE-testing 2024-2-23
ヴェイロン、シロンとアップグレードしながら作られてきたW16エンジンは本当に最後になり、後継モデルからV16ハイブリッドエンジンになる事が正式に発表となったブガッティ。

V16型のエンジンを搭載した量産車ってチゼータV16Tが作っていたぐらいでこの30年以上そんなエンジンを搭載した量産車は無かったと思うんだが(デヴェルシックスティーンと言う車が5000馬力を発揮するV16エンジンを搭載すると発表したが、実際には作れなくC8コルベットのガワだけ変えた詐欺みたいなスペックで販売した)まさかのブガッティシロン後継モデルに採用。

更にデカくなり重くなりそうな気もしますが6月の公開が待たれます。


ブガッティリマックCEOのメイト・リマック氏がインスタでV16エンジンのプロトタイプを公開。
この写真は2022年11月の段階の開発途中で、既にダイナモメーターで駆動するようになっていました。


ブガッティシロンの後継モデルが昨年末、既に公開されていた事が判明!今度はコスワース製V16エンジンを搭載



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

この時代にWではなくV型で16気筒モデルが出てくるとは…

映像でみるとターボチャージャー4基付いてるように見えるが、
それにしては馬力低いし
なんだろね?

 

チゼータは強引な横置きでV16積んできたけどこれはさすがに縦だろな
ミッドシップにら縦置きV16なんて相当でかい車になりそう

ブガッティとベントレーのW型は、
なんちゃってW型で、
構造的にはV型に近かったけど、
流石に全長長くなるよな
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示