スポンサーリンク

トライデントの新型スパイダー マセラティ新型グランカブリオが初披露するもやはり重い


イタリアのマセラティは去年発表された新型グラントゥーリズモの性能はそのままに、
エレガンスなオープントップのスパイダーとして2024年型「マセラティ グランカブリオ」を先ほど公開しました。
今回面白いのが電動ソフトトップで従来の操作方法に加え、ジェスチャー操作で幌を開閉する事も可能になっています。
マセラティグランカブリオ11 2024-2-29


マセラティグランカブリオ2 2024-2-29
グランカブリオは4人乗りのオープングランドツアラーです。
エンジンはクーペやMC20と同じ3.0リッターV6ツインターボエンジンを採用し542馬力/650Nm
車重1900kg
0-100km/h 3.6秒
最高速度316km/h
将来的に電動バージョンも登場する事が決まっています。


マセラティグランカブリオ10 2024-2-29
ファブリック製の幌は5色で展開され、時速50km/h以下での走行中で約14秒で開閉可能です。
ソフトトップではありますが複数層構造になっており、熱や騒音を遮断するのでメタルルーフ並みの快適性を保っていますが、ルーフを開けるとV6エンジンの轟音を聴く事が出来ます。

また、2人乗り時のオプションでドラフトストップもあるので乱気流による風の巻き込みを軽減できます。


マセラティグランカブリオ7 2024-2-29
マセラティグランカブリオ6 2024-2-29
マセラティグランカブリオ5 2024-2-29
マセラティはいつの時代もひと世代古い印象を感じるインテリアデザインですが今回もそう。
でも最近のトレンドはタッチパネルから再び物理ボタンへと原点回帰している傾向ですし、何よる指紋ベタベタの大きい画面が無いのが良い。



マセラティグランカブリオ4 2024-2-29
マセラティグランカブリオ3 2024-2-29
マセラティグランカブリオ12 2024-2-29
2024マセラティグランカブリオの価格や発売時期などはまだ発表されていませんが、数週間以内には価格など詳細が発表されるでしょう。
それにしても去年の8月にティザーを出してからデビューするまでだいぶ時間掛かりましたね。
先日デビューしたV6ハイブリッドのマクラーレンアルトゥーラスパイダーはわずか62kg増加の1,457kgだったのに、
グランカブリオは元々重かったのに更に重くなりましたね。

グラントゥーリズモ・フォルゴレは750馬力に2200kgと重量級のEVですが、
今後発表されるグランカブリオ・フォルゴレは2600kg以上になるのは確実かと‥‥


【ICEとEVで登場】マセラティ・グラントゥーリズモが「トロフェオ」「モデナ」「フォルゴレ」でデビュー


関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示