スポンサーリンク

ランボルギーニセストエレメントが公道で走行できるよう開発中


パリモーターショー2010で発表されたランボルギーニセストエレメントコンセプト。
ガヤルドをベースに鍛造カーボン技術を搭載した初のランボルギーニで車重はわずか999kgのトラック専用カーです。
当初はコンセプトで量産の予定はありませんでしたが、2011年に20台だけサーキット専用車両として当時約2億円で販売されましたが、
その内の1台がイギリスでナンバープレートを取得できるよう改造されるようです。
セストエレメント2 2024-2-11



ボーイング社と共同開発されたセストエレメントに採用されたフォージドカーボンはセストエレメントのあらゆるコンポーネントに採用されガヤルドより300kg以上軽量化され車重わずか999kgでフロントガラスなども軽量化の為ガラスでは無くプラスチック製になっています。


セストエレメント4 2024-2-11
セストエレメント3 2024-2-11
セストエレメント1 2024-2-11
ガヤルドとアウディR8に搭載されている5.2リッターV10エンジンを搭載して570PS/520Nmを発揮。
20台のうち香港などに納車されましたが、公道走行ができないのでほぼ見かける機会はなかったのですが、
過去に中東カタール・ドーハのオーナーがウインカーを付け公道使用に改造している個体が1台ありました。
イギリスでは同じくウィンカーライトや小さすぎるサイドミラーを変更する必要が出てきそうですが、元々がガヤルドなのでそんなに難しくもなさそう?




【公道走行不可】カタールの金持ちが公道でランボルギーニセストエレメントを走らせる



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

たしか最低地上高が2cmとかだったはず、
なので国によってはそこがネックになるかと。
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示