スポンサーリンク

EVにとってガードレールは何の意味もないただの紙だという実験結果が公開


ネブラスカ大学が米陸軍工兵研究開発センターと共同で行った研究結果が話題です。
大型EVのリビアンR1Tがガードレールを簡単に突破する検証動画で鉄製のガードレールがまるで紙のように簡単に突破されています。

リビアンR1Tは3.1トンを超える電気自動車でこのような電気自動車にとってガードレールは何の意味もなくなります。
rivianr1t2 2024-2-4



この動画を見て「EVは危険だ!」と反EVの人は思う方が多いと思いますが、
今の時代EVだけではなく、エンジンを積んだ重量級の大型SUVがほとんどで事故は電気自動車であろうとなかろうと発生する条件は同じなので、ガードレールが現代の自動車に全く対応できていない事になっています。



rivianr1t1 2024-2-4
EVはガソリン車よりも20%〜50%重く低重心な車が一般的で、
電気自動車は巨大なバッテリーを搭載するので重くなりますが、ガソリンエンジン車も大型SUVが主流でこちらもどんどん重くなってきているのでガードレールの安全規格MGSは1トン程度の乗用車と2トン程度のピックアップトラックでテストされていますがこれが完全に時代に合っていない規格となっており危険に晒されている事を問題視しています。



現代の自動車、2年に1cmペースで幅がデカくなってきている



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示