スポンサーリンク

世界初の公道バージョンのパガーニウアイラRをマクラーレンF1 GTRを手がけた会社が開発決定


マクラーレンF1 GTRやP1 GTRの行動モデルを手がけたランザンテがサーキット専用モデルとして発売されたパガーニウアイラRの公道モデルに改造した特別バージョンを来年早々にも納車可能にする予定だと発表しました。

ウアイラRはウアイラのサーキット専用モデルでターボチャージャーを削除しV12自然吸気エンジンとなったパガーニの実験的な車両です。
ウアイラR公道4 2024-2-3



これはウアイラRオーナーのpetfredさんがランザンテに改造を依頼した特別なプロジェクトで納車したばかりのウアイラRを早速ランザンテに送り、今後14ヶ月〜18ヶ月程度でナンバープレートを取得できるように改造するそうです。

サーキット専用モデルの公道モデルはマクラーレンP1 GTRなどの他にアストンマーティンヴァルカンやフェラーリFXXなど過去には存在していますがウアイラRのようなレーシングカーがどうナンバープレートを取得できる状態にするのか気になります。



ウアイラR公道3 2024-2-3
ウアイラR公道1 2024-2-3
ウアイラR公道2 2024-2-3

アメリカではショーカーと言う形で走行距離を年2000キロ以下など制限を掛ける事で一部車両にナンバープレートを与えていますがランザンテは過去にもZonda Revolucionを公道仕様に改造した事もあるので特に問題ないでしょうが、
ウアイラRのような車を公道仕様に改造しても多分公道を走れせる事なんてしないんだろうに金持ちのやる事はすごいね。


ウアイラRの爆音にビビる子供wwww



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示