スポンサーリンク

現代の自動車、2年に1cmペースで幅がデカくなってきている


欧州運輸環境連盟の調査によると、欧州で市場に出ている新車は平均して2年ごとに1センチ幅が広くなり、SUVの販売増加によりこの傾向は今後も続くという。
D6K17p1VUAAfhqO.jpg


車1 2024-1-28
調査ではヨーロッパで販売されている新車の半数以上が車幅が広く駐車場での問題が発生傾向です。

調査によると、新車の平均幅は2018年の177.8cmから2023年上半期には180.3cmに拡大しており、この傾向はトラックやバスなどの大型車にも見られます。


欧州運輸環境連盟によると車のサイズは何十年も増加傾向で現在の法律では普通車はトラックと同じ程度のサイズにする事が認めれています。
その結果大型なSUVが多く製造され、歩行者や自転車などすべての道路利用者に危険を晒すことになっています。


車2 2024-1-28
2023年に販売された新車上位100車のうちロンドン、パリ、ローマなどのヨーロッパの主要都市にある駐車スペースよりも幅が広い車が52%もありました。

高級大型SUVがヒットする中、駐車スペースでは他の利用者が車の乗り降りするスペースなどほとんどありません。


 Land Rover Defender 2024-1-28
例えばランドローバー ディフェンダーはわずか6年で20cm以上大きくなっています。
また、幅が広くなるのと同時に車両フロントの高さが10cm高くなると歩行者や自転車にとって重大な衝突事故に発生する危険性が30%も増加すると言う統計があるにも関わらずどのメーカーの車もほとんど大型化しています。

ヨーロッパのいくつかの都市では大型SUVに対する駐車制限を導入しており、
例えばパリでは大型車の駐車料金を3倍にする法案も出ています。

パリ市民の6割以上が大型で重く環境汚染の駐車料金値上げには賛成している事が調査で分かっています。


50-jaar-porsche-911-003.jpg
これはポルシェ911やMINIなど昔からある車を比べるとよく分かるんですが、現代の自動車はどんどん巨大化しているのがよくわかります。

車の巨大化に伴ってどんどん環境に悪い車が出てきており、大型SUVは今後サイズの規制が入る可能性が高いです。


デカいフロントを備えたSUV、歩行者にとって危険すぎる事がアメリカの調査で判明


関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

それで小さい車を作ろうとすれば「歩行者保護がなってない!」って騒ぐのだろ?

アメリカは昔も車がでかかった。
横幅2mなんてざら。
まあ日本の車も平均的にはでかくなってるよね、横幅が。

個人的にはデカイ車のほうが好き

だってナメられるじゃん
男のアレと同じように虚勢張りたいからデカい車を選ぶんだよ

若いな
個人的には昔のディーノくらいのサイズで高額車を出して欲しいわ
スペクターくらいの車幅になると流石に厳しい

No title

日本車もわざわざワイドボディばっかりになったよな

SUVは前が見やすいけど、結局はクルマ同士の背比べになってるだけやな
みんながみんなSUVやめたら前がまた見やすくなるね
そろそろ車高税の導入も必要やな

外車は今や幅2mが普通だもんな。
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示