スポンサーリンク

企業の不正行為を暴く組織がトヨタの検索エンジンすら騙す電気詐欺マーケティング手法を報告


企業の不正行為の責任を追及するオンライン組織Ekōはトヨタ自動車の「グリーンウォッシュ」に関する報告書を公開しました。

グリーンウォッシュとは企業が環境への影響や環境について誤解を招くような印象を与える詐欺的なマーケティング手法でトヨタは検索エンジンにハイブリッド(HV)と電気自動車(EV)を混同させるなど意図的に誤解を招くマーケティングを行なっていると批判しています。
トヨタ電気詐欺2 2024-1-26


グリーンウォッシュ2 2024-1-26
Ekōが発表した報告書によると、トヨタはより多くの環境汚染車、つまりハイブリッド車を販売するために、より多くの電気自動車への需要の高まりを利用しようとする誤解を招くマーケティング「グリーンウォッシュ」をしていると述べています。

皆さんは豊田章男会長のこれまでの発言などでハイブリッドは環境に良い、もしくはEVとあまり変わらないと思っている人がほとんどではないでしょうか?

Transport & Environmentalの報告書によると、ハイブリッド車(HV)はガソリン車と比較して温室効果ガス排出量が21%しか削減できず、プラグインハイブリッド車(PHEV)はガソリン車と比較し26%少ないだけです。



トヨタ電気詐欺1 2024-1-26
報告書には少なくと23カ国でグリーンウォッシングを行なっているのが判明し、
トヨタ・オーストリア、トヨタ・ベルギー、トヨタAG(スイス)、トヨタ・ドイチュランド、トヨタ・イタリア、そしてトヨタのオランダの再販業者であるローマン・アンド・パルキは、自国のGoogle検索さえも騙して電気自動車と化石燃料を燃やすハイブリッド車を混同させている。

また、オランダでは検索エンジンの最適化だけでは満足せず、電気自動車と言うワードのBing広告にも金を支払っています。

ブルガリアでは電気自動車と検索するとウィキペディアよりも上にトヨタが出るようにしています。

グリーンウォッシュ1 2024-1-26
トヨタはハイブリッド車と電気自動車と同類であるような誤解を招く方法を繰り返し使用しているとEkōは述べています。

報告書全文はこちら
https://aks3.eko.org/pdf/Toyota-Electrifraud-Report-Eko-Jan-2024.pdf





気候変動 2023-10-23
トヨタのグリーンウォッシュが告発されたのは今回だけではなく、過去にも環境活動家によって暴かれています。
他の報告書では現在の自動車は10年前の車と比べ最大20%も多くのCO2を排出していると調査結果も出しており、大企業によるグリーンウォッシュキャンペーンをユーザーは正しい知識で見極める必要があります。

【思った以上に怖い】環境活動家がトヨタやBMWの広告をハッキングし最悪な広告にすり替える

【古い中古車の方がエコ】今販売されている新車は10年前の自動車よりも多くのCO2を排出し大気汚染が進んでいる研究結果が公開


関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

製造から廃車にするまでの排出ガスだとEVはめちゃくちゃ環境に悪いのを隠してEV売ってるのはグリーンウォッシュじゃないんか

一番環境に優しくて、かつ使い勝手が良いのがハイブリッドなんだけど、欧米には無理な技術だからな

No title

トータルで見たら生産から廃車までEVの方がめっちゃ環境汚染だったような・・・逆にトヨタのおかげで騙される人減ってると思うんだけど
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示