スポンサーリンク

ランボルギーニが記録的な数字を達成!納車台数10000台をついに突破


去年創立60周年を迎えたアウトモビリ・ランボルギーニ。
ランボルギーニは初めて年間で10,000台納車する歴史に残る記録を打ち立てました。
正確な数字は10,112台で2022年と比べ10%も増加しました。
ランボルギーニ3 2024-1-16


ランボルギーニ1 2024-1-16
納車された車両の分布は、ヨーロッパ、中東及びアフリカが2022年比で14%増加し、合計3987台となりました。続いて南北アメリカが9%増加(合計: 3465台)、アジア太平洋地域が4%増加(合計: 2660台)しました。

アメリカが3000台でトップ市場であり、その後をドイツ(961台)、中国(845台)、イギリス(801台)、日本(660台)、中東(496台)、韓国(434台)、イタリア(409台)、カナダ(357台)、オーストラリア(263台)、フランスとモナコ(255台)、スイス(211台)、台湾(131台)、インド(103台)が続きます。

モデル別では、ウルスがデビュー以来引き続き成功を収め、納車は6,087台。
次いで、ウラカンが3,962台が納車されました。
最後の12台のアヴェンタドールと51台の限定モデルを含む、象徴的なV12エンジンを搭載した63台の車が納入されました。


ランボルギーニ2 2024-1-16
去年はレヴエルトのデビューの年で今年からアヴェンタドールに代わり納車も始まります。
レヴエルトは既に2026年後半までのオーダーが入っており、今年はウラカンの後継モデル、ウルスハイブリッドなど既存のモデルの電化も始まります。



ランボルギーニ4 2024-1-16
そして2024年からはついにハイパーカーのランボルギーニSC63もデビューする年でLMDhクラスで参戦します。
これまで最も売れる国は何年もアメリカと中国が1位と2位でしたが、ドイツが中国より売れたのは驚きでした。
でもアメリカだけ3000台も売れるってどれだけ人気が高いのか分かりますがついに年間1万台の納車が達成し今年も多くのランボルギーニが世界で納車されるでしょう。



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

万書いたらえらいことなるwwww

 

なんだかんだいってもプレミアムカー市場を支えているのは今も昔もアメリカなんだね

中東より日本のほうが売れてるのが以外だけど、
最近ウルスは本当によく見るな
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示