スポンサーリンク

話題のソニーカー、アフィーラに早くも心配の声が。「2026年発売なのにもう古臭い」「充電規格がゴミ」


CES2024でポリフォニーデジタルやマイクロソフトなどとパートナーシップを発表したソニーホンダモビリティ初の自動車「アフィーラ」

2026年に発売されますが、早くもそのデザインや性能に大丈夫か?と賛否両論となっています。
SONYの他にもシャオミ、ファーウェイ、アップルなども自動車産業に参入を決めていますが、アフィーラでこれら巨大企業に太刀打ち出来るのか?
AFEELA2 2024-1-13


AFEELA1 2024-1-13

2026年発売開始予定タラレバだが、早くもデザイン、性能は陳腐化した珍しいケース。

アフィーラの充電受入がDC150kWってマジ?
なんで将来モデルなのにショボい性能にするの?
モデル3は既に250kWが登載されてるんだよ?
そういう基本的な部分を疎かにして売れないとか言うの辞めてほしいんだよね
これから開発するならテスラとBYDをベンチマークしろ



>「クルマをスマホのようにはしない」。本田技術研究所の南俊叙常務取締役はこう明言する。
案の定ダメそうですね(白目)


うーむ。なんでフィルムがなくなったのか、レコードが超マイナーになったのか、ウォークマンがなくなったのか、ガラケーがなくなったのか。過去の歴史は勉強しないのだろうか。どの製品も、性能で負けたのではなく、新しい使い方に負けたのだ。フィルムは写真を撮ったわけだが、デジタルになってその場で見て楽しむ様になった。レコードは音楽しか記録できなかったがCDやDVDはソフトウェア、ゲームや映画なども楽しめたし、ノイズがなく、車にも載せることができた。ウォークマンは歩きながら音楽を聞けたが、iPodの登場でカセットテープ(汗)にコピーすることなく、PCを使って様々な音楽を何千曲も入れ替えることができた。ガラケーは電話だったが、スマホはメール、メッセージ、ゲーム機になった。
車はクルマであり続ける、と信じる心。それは誤りであり、すでに消費者は「楽しい車・ラクな車」を求めている。スマホに似せる必要はないけど、楽しく・ラクにするためには何を搭載すべきか。「ドライビングフィール」などというものでないことは確実だ。


あんまり去年と進化してないな
他の中国勢がアフィーラのような製品出しているから、去年よりさらに進化したのを期待していた
新しいのは少しカクついたデザインとマイクロソフトとの協業くらいか?




afeela-electric-sedan-prototype 2024-1-13
アフィーラインテリア 2024-1-13
エクステリア、インテリア共にすでに古臭いのがすげー気になるよね。
特にインテリアなんてデカくて指紋ベタベタの長いディスプレイを並べているだけでで何の特徴も無いし物理ボタンが殆どないからエアコンの温度やシート位置を変えるだけで何回も画面をタップしなきゃダメだし何から何までもう古臭く感じてしまう。

BYDを始めとする中国製EVの性能の高さにビックリするけど、アフィーラは何も驚く事がないのが致命的ではありますが、頑張って欲しいところ。
ライバルはポルシェタイカンやテスラモデルSで安さではBYDに勝てないので高級路線で行くみたいだけどとても高級車に見えないのも問題だよな。

まずは北米市場で2025年に先行販売してから日本でも2026年から発売されます。
ファーウェイ、シャオミ、アップルのEVがどんな車を今後発表するのかでアフィーラの運命は決まります。


スマホメーカー初の自動車 Xiaomi SU7のオートパイロットで駐車してみた



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 

EVにもnismoやFスポーツ設定するのは熱心なんだけどねぇ
やっぱ造ってるのが体育会系エンジニアばっかなんかな

つーか結局販売しないと思う
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示