スポンサーリンク

スマホメーカー初の自動車 Xiaomi SU7のオートパイロットで駐車してみた


世界第3位のスマートフォンメーカーのシャオミが発表した電気自動車 Xiaomi SU7
今後15年から20年以内に業界トップ5に入ることを宣言している新しい自動車メーカーで他の中国製EVと違って世界中で話題となっています。
SU7には自動運転システムも搭載していますが、立体駐車場をオートパイロットでスムーズに駐車するシーンが公開されています。
 Xiaomi SU7 2024-1-2



Xiaomi Pilotシステムが月額いくらで使用できるのかはまだ不明ですが、
立体駐車場でのデモでは途中アウディA7が向かってくるのを邪魔せず後退しスムーズに避け、
歩行者もちゃんと検知し一時停止し最終的にはバックで駐車することに成功しています。

このデモでは自動車に搭載しているHyperOSに事前にコースがマッピングされたのかは不明ですが、
もしマッピングなしでセンサーとカメラ、レーダーだだけでこれだけスムーズに駐車出来たとしたらかなり技術レベルが高い事がわかります。


他の自動車メーカーと違って元々エレクトロニクスの企業なのでこの手のシステムには何年も前から投資も行なっており、テスラやアップルなどのエンジニアもシャオミに引き抜かれて開発してきたんだと思われます。


Xiaomi-SU7-1 2024-1-2
ラインナップはSU7、SU7 Pro、SU7 Maxの3モデル
上位モデルにはLiDARセンサーが付いており、おそらくProやMAXでのみ自動運転が使用できると思われます。

また、Bピラーには顔認証カメラが付いており従来の物理キーやスマホを使用しなくとも顔認証でロックを解除する可能性があります。

エントリーモデルにはBYDのLFP バッテリー、上位モデルにはCATL製のバッテリーが使用され厳しい寒さの中国でも急速充電が可能となります。

CATLは中国のバッテリー企業でEVでの供給は世界トップシェアの会社です。(業界2位が韓国のLGで3位がパナソニック)

Xiaomi-SU7-2 2024-1-2
車重は最も軽いので1980kg。最も重いので2205kg
生産は北京で行われ納車は2024年2月から予定されています。


ついにスマホメーカーシャオミ初のEV「Xiaomi SU7」発表!今後15年から20年で業界トップ5に入ると宣言


関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

2年後くらいには消えて無くなってそうなメーカー

サイオン、日野自動車、ダイハツのこと?

2年どころか1年も持たんだろう
中国製のゴミ

No title

2t・・・・・・
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示