スポンサーリンク

EVとして登場予定の次世代マセラティクワトロポルテの開発が中止 #maserati


イタリアのマセラティはMC20以降全モデルを一新しグラントゥーリズモに続いて次世代のクワトロポルテはEVでのみ発売を来年以降予定していましたが、報道によるとスケジュールは順調に進んでおらずプロジェクトが中止され開発を一旦終了すると11月下旬にマセラティがサプライヤーに通達したと言われています。
マセラティクワトロポルテ2 2023-12-29


マセラティクワトロポルテ1 2023-12-29
次世代クワトロポルテはコードネームM9Sと呼ばれており、2024年に発表し2025年から納車開始予定でした。
クワトロポルテは大型の4ドアセダンでライバルにはBMW i7やメルセデスベンツEQSなどがありますが、
ご存知の通り、昨今セダンの人気は下がる一方でSUVの方が圧倒的に支持されており、クワトロポルテEVが発売されたとしてもすでに苦戦しているベンツEQSの現状を見ると開発の一時中止も納得できます。



マセラティクワトロポルテ3 2023-12-29
マセラティは第2世代のレヴァンテSUVもEVでのみ2025年発売予定としており、クワトロポルテ同様に開発、設計、生産全てメイドインイタリアで行われます。


マセラティクワトロポルテ4 2023-12-29
次世代クワトロポルテはグラントゥーリズモと同じプラットフォームをベースにさらに拡張し電気モーターはグラントゥーリズモ・フォルゴレの761馬力/1350Nmより少し性能を落とした形になるようです。

噂ではステランティスグループがファロメオとマセラティとて同型車種を被らせないようにする為、一旦クワトロポルテの開発を一時中止にしていると言われていますが、確かに今年発表されたアルファロメオ33ストラダーレがマセラティMC20を先に出す計画で発表が遅れた経緯もありました。


正直、誰もセダンなんて求めていないしマセラティと言えばドイツ車並みに値下がり率が下り最速な自動車メーカーなので誰も買わないと思う。


EV販売で苦戦するメルセデスベンツディーラー、特にEQSは誰も求めていないので売れない



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示