スポンサーリンク

ついにスマホメーカーシャオミ初のEV「Xiaomi SU7」発表!今後15年から20年で業界トップ5に入ると宣言


兼ねてからアップル、ファーウェイ、シャオミなどスマホを作っているメーカーが自動車を作る事が発表されていましたが本日、Xiaomi SU7(スーチー7)が正式に発表されました。

シャオミ初の電気自動車は1時間の充電で航続距離800kmと他メーカーの倍以上の距離を走行可能でHyperOSなどスマホメーカーならではのコネクテッド テクノロジーを搭載しています。
シャオミSU78


シャオミSU74
シングルモーター後輪駆動モデルの「SU7」とデュアルモーター全輪駆動の「SU7 MAX」の2バージョンで展開。
SU7MAXは
673PS/838Nm
0-100km/h 2.78s
800v急速充電器使用時はわずか1時間でフル充電可能
そして航続距離が800kmと高級EVが400km前後なのにかなりの航続距離走行可能です。

シャオミはスマホなど多くの家電を作ってきており、NVIDIAの高性能なチップセットとHyperOSを搭載したコネクテッドテクノロジーを搭載し独自の自動運転技術Xiaomi Pilotシステムも搭載しています。

このXiaomi Pilotは1000万キロ以上もテストを行なっているそうです。


シャオミSU77
シャオミSU76
シャオミSU75
シャオミSU73
SU7 2023-12-28

中央には16.1 インチの3Kディスプレイを搭載しエアコンなど直感的に使いたいボタンはタッチパネルではなく、物理ボタンとしてちゃんとユーザーの事を考えてレイアウトされています。

シャオミと言えばコスパに優れたメーカーですが、SU7は高性能な事もあり少し高いが誰もが適正値と思える価格帯となるだろうとしています。

SU7の特徴として航続距離の長さの他にも低温下でも急速充電可能なバッテリーを開発しており2024年後半から量産を開始する計画です。



ついにシャオミの電気自動車が発表されましたね。
あとはアップルカーの登場を待つばかりですが、シャオミの社長が今後15年から20年の間に業界のトップ5にまで成長すると宣言していますが中国製EVの中でもシャオミはかなり期待できるような車が今後も登場しそうです。

価格は安くないと言っていたけど、エントリーモデルはかなり価格を抑えて発売するでしょうが、この性能だとSU 7MAXは2000万円超えそうだな。
でもテスラモデルSやポルシェタイカンより価格は抑えるでしょう。




関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

デザインは既視感あるけど、
ぶっちゃけバッテリー含めた充電技術や、
インフォティメントやOSの性能はもうすでに日本には勝ち目ないだろ

低価格モデル導入されたら買うわ
日本車はもうどこも信じられないしテクノロジーとバッテリー技術で勝てるわけない

No title

マクラーレン+ポルシェ+何か

 

ソニー+ホンダのAFEELAが2026年からなんて気長な事いってる間にこのスピード感
国内限定の軽でさえ不正しなければ開発できない日本メーカー
全世界戦略のEVなんて造るのはもう不可能に近い気がするなぁ

マクラーレンとポルシェとマセラティのパクリ
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示