スポンサーリンク

ダイハツよりやばい。テスラはサスペンションアームの欠陥を知りながらその責任をユーザーに負わせていた疑い


2年前にテスラモデルyのパノラマルーフが走行中に吹き込んだり、スイス人オーナーのモデルS P90Dのオーナーがドイツのシュトゥットガルトからスイスのチューリッヒに向かうアウトバーンで、時速200km/h時に車のサスペンションアームが破損し死の恐怖を経験し、保証が切れていたので87万円掛けて修理した事を紹介しましたが、
どうやらこのサスペンションアームの欠陥はテスラが知っていたのにもかかわらず、所有者を非難しその構造上の欠陥をユーザーに負わせていた事が明らかになりました。
テスラ欠陥3 2023-12-23


テスラ欠陥2 2023-12-23
公開された文書によると、サスペンションコンポーネント、特にフロントロアウィッシュボーンと突然機能しなくなったパワーステアリングに技術的な欠陥があった。その他の欠陥部品は、フロントとリアのリンケージとハンドルバーマウントでした。



テスラ欠陥1 2023-12-23
縁石か何かにぶつかるとウィッシュボーン下部を骨折したとして非難されました。この事故により、修理が保証対象外とされ、修理費用は所有者自身が負担しなければなりませんでした。この対応により、テスラは修理費用を回避し、財務数値を改善する一方で、2020年にはサスペンションの欠陥を理由に中国で2万9193台の自社車をリコールしましたが、同様の措置は米国や欧州では行われませんでした。


この問題にノルウェー政府はテスラのサスペンション部分の欠陥に関する調査を開始しノルウェーで販売しているモデルSとモデルXのリコールをするか25日に決定すると発表します。

テスラ モデル 3 フェイスリフト2 2023-9-1
昔からチリが合わないとかドイツ車や日本車と比べ品質が低いと言われていましたが、
この問題はテスラにとってかなり深刻な問題になりそう。
しかも客のせいにしてたってビッグモーターかよ。

やはり自動車なんて作った事のない会社のEVの品質は危険なのか?
こうなったらEV業界トップで昔から自動車を生産しているBYDの天下になる時代が来るかも


テスラモデルYの屋根が走行中吹き飛ぶ!テクノロジーは凄いかもしれんが品質はマジで中華以下だな



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

中国車や韓国車はそもそも欠陥品なのでリコールという概念すら無いだろう。さすが管理人の母国

>1

きっしょ

>>1
こういう奴は正しく教育を受けてないから仕方ないんだろうな

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示