スポンサーリンク

フォード、EVトラックのF150ライトニングを需要低迷を受け50%も減産すると発表


バイデン大統領が自ら運転してアピールしていたEVピックアップトラックのフォードF150ライトニング。
需要低迷を受け、2024年1月から週3200台から週1600台へと約50%減産すると報道されています。

メルセデスベンツなど性能が良く価格も安い中国製EVが脅威でEVの販売台数が著しくないメーカーが多いですがEV化を進めるアメリカを代表するEVの販売不振もこれからのEV計画に影響が出るかもしれません
フォードF150ライトニング4 2023-12-13


フォードF150ライトニング3 2023-12-13
今週フォードが発表した第3四半期決算報告で電気自動車に対する消費者の需要鈍化に対応し、
来年からEVピックアップトラックのF-150ライトニングの生産を半減すると発表した。

需要低迷と言ってもF-150ライトニングが不人気という訳ではありません。
今年11月までに20364台のEVトラックを販売し、2022年と比べ54%も増加しています。
フォードは2023年第3四半期だけで合計19万477台のトラックを販売した。


フォードF150ライトニング2 2023-12-13
またフォードはF-150ライトニングの他に電気SUVのマスタングマッハEの生産も減産する事を決めています。
これは長期間UAWによるストライキ問題でEV生産向けに予定していたバッテリー工場などの投資約120億ドルの支出を延期した事も影響されています。



フォードF150ライトニング1 2023-12-13
先日ホンダEも需要が無いので生産終了を発表しましたが、日本よりもはるかにインフラ施設が充実しているアメリカでもEVは難しいのかそれともEVの王者でもあるテスラと中国勢が強すぎるのかEVに向け多額の投資をしてきた自動車メーカーは今更EVを辞める事なんて出来ません。


EV販売で苦戦するメルセデスベンツディーラー、特にEQSは誰も求めていないので売れない



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

EVは内燃機関に置き換わるものでは無く、選択肢の一つだと思ってる。
高級車やシティコミューターがEVに適してる。
低重心、高トルク、高剛性、部品点数の少なさという観点から見れば、一部のスポーツカーにもメリットはありそう。

 

政府の援助受けて採算度外視でEVバラまいている中国メーカーとEVに特化したテスラ
既存メーカーが今から体制整えて対抗しても投資コスト回収まで体力がもつかが勝負やな
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示