スポンサーリンク

いよいよ公開間近となったポルシェマカンEVのインテリアなどの仕様の一部が公開


先日カモフラージュが完全に剥がされたポルシェマカンがリークされましたが、
ポルシェはインテリアなど一部仕様を明らかにしました。

新型のマカンは電気自動車としてのみ発売され新しいインテリアにはAR拡張現実のヘッドアップディスプレイを搭載し、ドライバーの前方10mのところにデータを投影する機能で、これは87インチのスクリーンに相当します。
マカンEV7 2023-12-12


マカンEV3 2023-12-12
マカンEV2 2023-12-12
運転席には12.6インチ、中央のスクリーンは10.9インチのスクリーンが搭載。
当初はVWグループが開発した独自OSを導入する予定でしたが、開発が間に合わずインフォテインメントシステムのソフトウェアはAndroidを使用しています。

そして物理ボタンは最近の車にしては多いようで直感的な操作がまた復活しました。
ステアリングホイールやエアコンのボタンをタッチパネルにしたフォルクスワーゲンはこれを失敗と認め、物理ボタンに戻す傾向です。



マカンEV6 2023-12-12
新型マカンはPPEプラットフォームをベースで上位モデルは612馬力/1000Nmのパワーを発揮します。
重量はまだ非公開ですが、質量配分は前部48%、後部52%になると発表しています。





マカンEV5 2023-12-12
バッテリーの総容量は100 kWhで有効容量は96 ~ 98 kWh
タイカンよりも長い航続距離450km以上を実現していますが、正確な数値はまだ明らかにされていません。
バッテリーパックだけの重量が600kg近くになると推定されています。




マカンEV4 2023-12-12
マカンEV8 2023-12-12

マカンの電気モーターはインバーターとトランスミッションを組み合わせたモーターでフロントとリアにそれぞれ搭載したデュアルモーターとシングルモーターの2モデル登場します。
また、電子ディファレンシャルが搭載され、ステアリング角度が 15% 増加して車両の機敏性が向上します。同じ理由で、4 輪操舵システムもあり、80 km/h 未満の速度では後輪が最大 5% 傾きます。


ポルシェマカンEVが完全リーク!このデザインは結構いい感じ?



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示