スポンサーリンク

デカいフロントを備えたSUV、歩行者にとって危険すぎる事がアメリカの調査で判明


空前のSUVブームでお金持ちほど重くて大きなSUVを購入し環境に悪い調査結果が出ていますがアメリカの道路安全保険協会(IIHS)の調査によると、フォードF150やトヨタRAV4などベストセラーのSUVやトラックなどボンネットの位置が高く、フロントグリルの面積が大きい車ほど歩行者にとって危険なデータがあると結果が公表されました。
SUV危険7 2023-11-27


SUV危険5 2023-11-27
調査結果によるとノーズの形状に関係なくボンネットの高さが40インチを超えるトラックやSUV、バンでは衝突事故を起こした場合死亡事故につながる可能性が45%も上がります。



また、傾斜したボンネットの30インチ未満の自動車であれば死亡事故の割合が低くなります。
この調査結果ではボンネットの高さが30インチ〜40インチ程度でもノーズの角度が無いほぼ壁のようなフロントを持つSUVなどの車は危険性が44%も増加すると警告しています。
SUV危険4 2023-11-27
SUV危険3 2023-11-27
SUV危険2 2023-11-27
このデータは一台の自動車と一人の歩行者が関係した約18000件の衝突事故から取得しました。
研究者は車両の種類とボンネットの高さで測定し、自動車の安全性は高まっているのにも関わらず歩行者と自転車の死亡事故は増加傾向で40年前のデータと比べ過去最高となっています。




SUV危険6 2023-11-27
SUV危険1 2023-11-27
ピックアップトラックやSUVなどの大型車両は確かに角度のない大きなフロントを持っていますが、ハマーEVやテスラサイバートラックなど3トン〜4トンの大型車両が歩行者に衝突したら危険なリスクは高まるばかり。

IIHSは危険なリスクを軽減する為にもメーカーはボンネットを前傾に下げ、グリルとボンネットに角度を付け傾斜したボンネットにデザインを替える事で危険性を軽減できると述べています。


 Cybertruck1 2023-11-26
これテスラサイバートラックのリアだけどほぼ3トンの壁だもんな。
ペダルの踏み間違えで全速力のバックで下がってきたら人間はペチャンコだよ


【古い中古車の方がエコ】今販売されている新車は10年前の自動車よりも多くのCO2を排出し大気汚染が進んでいる研究結果が公開



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

だから俺はステーションワゴン一筋

No title

歩行者衝突保護の案件ではねた人間をボンネットに乗り上げさせないようにしてるんだっけ?
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示