スポンサーリンク

【まだまだウラカンは終わらない】新たな限定車ウラカンSTO SC 10°アニヴェルサリオ発表


ウラカンステラートをもって販売終了したランボルギーニウラカンですが、新たにレーシグ部門のスクアドアコルセ10周年を記念した特別モデル「ウラカンSTO SC 10°アニヴェルサリオ」が発表されました。

これは来年から活躍するハイパーカーのSC63のカラーリングとオリジナルのパフォーマンスキットを装着した特別モデルです。
ウラカンSTO SC 10アニヴェルサリオ9 2023-11-16


ウラカンSTO SC 10アニヴェルサリオ11 2023-11-16
ウラカンSTO SC 10アニヴェルサリオ10 2023-11-16
ウラカンSTO SC 10アニヴェルサリオ8 2023-11-16
ウラカンSTO SC 10アニヴェルサリオ12 2023-11-16
ヴェルデ マンティス (緑) とネロ ノクティス (黒) のツートンカラーにロッソマーズ(赤)のアクセントと共にトリコローレカラーのレーシングストライプが特徴です。
オプションではさらにフルカーボンファイバーパッケージも用意されています。



ウラカンSTO SC 10アニヴェルサリオ2 2023-11-16
インテリアトリムはサーキット用途に特化して選択されました。スポーツシートは、Verde Fauns (グリーン) のステッチが施された Nero Ade (ブラック) アルカンターラで布張りされ、4 点式シートベルトが装備されており、アルミニウムのロールバーが乗員を保護します。インテリア構成は、カーボンファイバーのフロアカバーと、車の独自性を証明する後部ファイアウォールに配置された同様にカーボンファイバー製の専用プレートで完成します。




ウラカンSTO SC 10アニヴェルサリオ7 2023-11-16
ボンネットに追加されたフロントカーボンファイバーフリックを採用した事により、さらに空力特性が最適化され、通常のSTOよりもさらに3度角度が高いリアウィングを装着し前後両方でダウンフォースを増加させます。
エキゾーストシステムはアクラポビッチ製チタンエキゾーストシステムにレース用ショックアブソーバーによってサーキットではさらに性能が向上しています。


つい先日スーパートロフェオEVO2の公道モデルが出るのでは?と噂が立ちましたが、結局は出ず、スクアドアコルセが手がけたSTOの新たな派生モデルが誕生しました。






ソニー・インタラクティブエンタテインメント





関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示