スポンサーリンク

【全く興味がなかった事がよく分かる走行距離】アロンソのマクラーレンエルヴァが出品 &フェラーリ250GTOが市場最高額で落札


25日にアブダビのヤスマリーナサーキットで開催されるBonahamsオークションにてアストンマーティンF1ドライバーのフェルナンドアロンソが所有するマクラーレンエルヴァが出品されます。

これはアロンソがマクラーレンでインディカーに挑戦していた2019年にオーダーし2022年モデルですが走行距離はわずか5kmしか走っていません。
アロンソ・マクラーレン・エルバ6 2023-11-14


アロンソ・マクラーレン・エルバ8 2023-11-14
ワンオフ仕様のアロンソ・マクラーレンエルヴァの走行距離はわずか5km
これはアロンソが一度も運転していない事を意味していますし、一度も走行しない新車だとしても走行テストで100kmほど走っている車がほとんどの中、驚異的に走行距離が短い車です。


アロンソ・マクラーレン・エルバ7 2023-11-14
エルヴァはセナGTRの4.0リッターV8ツインターボエンジンを搭載し800PSを発揮するスピードスタータイプで屋根は緊急用もありません。
発表当時は限定399台の予定でしたが、2度減産され最終的には149台限定生産となりました。
マクラーレンは希少性を保つ為として生産台数を減らしましたが、ただ単に売れなかっただけなのは周知の事実です。



アロンソ・マクラーレン・エルバ6 2023-11-14
アロンソ・マクラーレン・エルバ4 2023-11-14
アロンソ・マクラーレン・エルバ3 2023-11-14
アロンソ・マクラーレン・エルバ2 2023-11-14
アロンソ・マクラーレン・エルバ1 2023-11-14
アロンソ・マクラーレン・エルバ9 2023-11-14
このアロンソ・マクラーレンエルヴァのシリアルナンバーは114/149
過去にエルヴァがオークションにも登場しましたが、希望落札価格に到達せず未達成に終わる事もありましたが、2度もF1世界チャンピオンが所有した車なら価値は付くかも?

元々2億5700万円ですが、予想落札価格は3億7900万円〜4億5500万円とみられています。





1962年フェラーリ250GTOがこれまでの250GTOの歴代最高落札価格を更新し78億円で落札

先日、5年ぶりにオークションに出品されるフェラーリ250GTOを紹介しましたが、当初の見積もり91億円から大きく下回りましたが、前回超えの78億円と言うこれまでの250GTOの中で最も高く落札されました。

この250GTOはスカリエッティがアップグレードした4台のうちの1台でした。
ちなみに市場最高落札価格180億円で落札されたのが世界に2台しか存在しない1955年メルセデスベンツ300SLRです。

70億越えは確実?自動車界の聖杯、1962年フェラーリ250GTOが5年ぶりにオークションに登場






山田 鐘人(著), アベ ツカサ(著)





関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 

たぶんどっかのブローカーがプレミアム付けるためだけに
一旦アロンソ名義で登録したんじゃないかな?

な訳ねーだろ
なんで価値あげるために他人名義にするんだよ?

 

セレブの名義貸しなんてよくあることだよ
不動産でもハリウッドスターとかの購入歴ありの物件は価格跳ね上がるし

No title

そんな事例一例でも出してくれれば信じるけど、そんな事あり得ない。

エルヴァ今になって欲しくなってきた
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示