スポンサーリンク

100周年を迎えるジュネーブモーターショー2024、ドイツメーカーは不参加を表明し東京モーターショー同様完全オワコン化


世界最大のモーターショーの一つとも呼ばれていたジュネーブモーターショー。
かつてはフェラーリやランボルギーニの新型スーパーカーの発表の場で毎回どんな車が発表されるのか世界中が注目していましたが、ショーの内容は年々衰退しており、来年5年ぶりに復活するショーにはメルセデスベンツ、BMW、アウディ、フォウルクスワーゲンが参加しない事が明らかになりました。
ジュネーブモーターショー2 2023-10-27


ジュネーブモーターショー20242 2023-6-21
今月中旬にカタールで第一回ジュネーブ国際モーターショーが開催されましたが、パンデミック後5年ぶりにスイスジュネーブで2024年2月26日から3月3日まで第100回ジュネーブモーターショーが開催されます。

東京モーターショーは一欧州メーカーと北米メーカーがほとんど参加せず、動画配信サービスの進化とSNSの普及、スマホやタブレットがどが普及し誰もがどこにいても画面を開けば新車を見る事ができる為一足早くオワコン化しており、今年からはジャパンモビリティショーとして生まれ変わりました。

これはジュネーブモーターショーにも同じことでメーカーはわざわざ高い出展料を支払って参加せずオンラインやSNSなどを通じればわざわざ高いコストを支払わずとも宣伝出来たというデータがパンデミックで多くのショーが中止された事により明らかになりました。


ジュネーブモーターショー2024はルノーとダチアが参加を表明しましたが、ステランティスグループも不参加の可能性が高いです。
自動車メーカーはジュネーブや東京など大型ショーはすでに見向きもしておらず、グッドウッドウェスティバルオブスピードやペブルビーチコンクールデレガンスなどのショーに参加へとシフトしています。

5年ぶりに復活するジュネーブモーターショーはドイツメーカー不参加のスカスカショーにならないように関係者は中国メーカーに参加を呼びかけようとしています。



ジュネーブモーターショー1 2023-10-27
ジュネーブモーターショーで大手メーカーが掛けるコストは1億円上とも言われています。
1億かけて準備しても多くのメーカーがほぼ同時に情報公開するので宣伝効果も薄いのも判明しています。

1億かけてブース構えるより、自社でYouTubeなどで生中継した方がコストもかけずより多くアピール出来るのも大型ショーの衰退した理由の一つ。

やはりSNSサービスの普及が一番でしょう。
結局スマホやタブレットで情報を見るわけだからわざわざ場所に行かなくても別に良いんだよね。
実際に乗ったり触れたりすればまた違うんだろうけど。



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

ショーうんぬんよりもドイツメーカーそのものがオワコン🤣
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示