スポンサーリンク

シャシー番号001世界最古のランボルギーニカウンタックが公開。その奇妙なストーリーも明らかに


ランボルギーニは今月29日までイタリアボローニャで開催されているAuto e Moto d'Epoca 2023にてシャシー番号1120001.正真正銘最初に製造された1974年カウンタックLP400をポロストローリコによって完全に修復された状態で展示されました。
隣にあるのは日本人が所有し現在レストア中の72年エスパーダシリーズ3です。
世界最古のカウンタック6 2023-10-27


世界最古のカウンタック3 2023-10-27
このカウンタックLP400は1973年3月15日に開催されたジュネーブモーターショーで発表されたシャシー番号 1120001.(112とはカウンタックの開発コードで001がシリアルナンバー)

71年に公開されたカウンタックLP500コンセプトの量産仕様となっていて元々は赤く塗装されショーで展示された後は開発車両として様々なテストに使用されていました。
このLP400はプリプロダクションモデルですが多くのディティールが量産仕様と異なっています。


1973年6月にチーフ テスト ドライバーのボブ ウォレスがサンタガタ ボロネーゼまで運転している際に、当時のイギリスの主要雑誌の 1 つに掲載されましたが、同年9月に姿を消しました。



世界最古のカウンタック5 2023-10-27
その後ヴェルデ メディオ グリーンに塗装されたLP400が登場しましたが多くの人々が色が赤ではないのでこの車を2号車だと思い込んでいましたが、2003年にスイスで発見され、ランボルギーニ本社でレストア作業中に緑の下に赤いペイントが残っていた事が判明し細かな調査結果で2号車ではなく1号車だった事が判明しました。



世界最古のカウンタック2 2023-10-27
世界最古のカウンタック1 2023-10-27
そしてこちらは1972年エスパーダ シリーズ 3、シャーシ #8824

68年に登場したランボルギーニ初の4人乗りモデルでV12エンジンが搭載されています。
これは72年から登場している最終バージョンのシリーズ3でイタリアのディーラーから最初の日本人オーナー向けに出荷されました。

まだ修復途中で数年掛けて隣のカウンタックのように新車として蘇ります。


【衝撃の事実が50年後にサラッと公開】ランボルギーニカウンタックLP400、実は150台生産じゃなかった


マニアでもあまり知られていないローボディ化したランボルギーニ カウンタック LP400S シリーズ1を知っているか?



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 

エスパーダのピラーの細さww安全性よりスタイル優先のいい時代だったんだなぁ
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示