スポンサーリンク

わずか5ヶ月でEV充電規格の勝者となったテスラ、その勝因は?


先日、トヨタが2025年から北米市場で販売する電気自動車の充電規格をテスラが採用するNACSを採用すると決め、これまで様々な充電規格がありましたがアメリカの勝利が確定しました。

2023年5月時点でNACSを採用するメーカーはテスラのみでしたが、わずか5ヶ月でヨーロッパ、アメリカ、日本など大手自動車メーカーがテスラの規格に対応しました。
テスラ充電器 2023-10-21


ford-select-03 2021-10-20
テスラが充電規格で勝利したきっかけは5月にフォードがテスラのスーパーチャージャー規格に対応するという驚きの発表でした。
この提携がダムの崩壊の始まりでわずか5ヶ月足らずでゼネラルモーターズ、ヒョンデKIAグループ、ホンダ、メルセデスベンツ、BMWグループ、ボルボ、ポールスター、日産、トヨタなど自動車メーカーのほとんどが北米市場でテスラのNACSを2025年から採用すると発表しました。



中国EV3 2023-1-7
残る大手メーカーはフォルクスワーゲングループとステランティスグループ。
ステランティスはアメリカの企業だしすでにGMとフォードがNACSポートを採用するのでこれから別の規格となるとユーザーの利便性が悪くので6月の段階でNACSポート採用を検討していると記者に述べ、フォルクスワーゲンも同様にNACSポート採用を検討している状態です。



Tesla-Charger 2023-10-21
規格戦争は古くはベータとVHSから始まり、Blu-rayとHD -DVDなど多くの規格戦争でユーザーは振り回され続けていましたが、電気自動車高価な買い物ですし利便性が求められるのでメーカー毎にプラグの形状が違うのは非常に不便な思いをする可能性がありますが北米市場でこれだけNACSが普及すると世界規格になってしまう可能性もあります。

中国勢今後どうするのかも注目されます。

フォードCEO「EVに関して言えばトヨタや日本はもはや競合相手ですらない。一番の脅威となるのは……」




関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

充電設備をテスラに依存することで、メーカーはインフラ設備費を抑えようとしているだけだと思う。
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示