スポンサーリンク

ロータス初のEVセダン「Lotus Emeya」がワールドプレミア


ロータスはニューヨークで同社初の4ドアハイパーGT、「ロータスエメヤ」を発表しました。
エメヤはドライバー向けに設計された電動グランドツアラーでスポーツカー並みのパフォーマンスと最新のテクノロジーを融合した世界最速のGTの一つです。
Lotus Emeya8 2023-9-8


Lotus Emeya7 2023-9-8
エメヤにはロータスの75年のエンジニアリング技術と最新のイノベーションを組み合わせた事によりエキサイティングで卓越したパフォーマンスを発揮するセダンです。

SUVのエレトレで初めて採用されたアクティブグリルをエメヤにも搭載しており、加速中はグリルを閉じて空気抵抗を減らし、減速時には開いてバッテリーとブレーキを冷却させます。

エメヤの上位モデルではデュアルモーターを搭載し最高速度250km/h、
0-100km/hは2.8秒未満となり、世界最速の電動GTの一つです。



Lotus Emeya6 2023-9-8
充電は350kW DC 急速充電器を使用する事で5分の充電で150km走行可能で18分以内で航続距離を最大80%まで高める事が可能ですが、日本の法律では法改正に動いている様ですが今の所50kWの充電設備は家庭に設置出来ません。



Lotus Emeya3 2023-9-8
Lotus Emeya5 2023-9-8
インテリア素材はリサイクル素材を使用しアルミニウム、アルカンターラ、ナッパレザー、ウルトラファブリックが使用されています。
後部座席の広さは普通っぽいです。


Lotus Emeya4 2023-9-8
サイドミラーはカメラ化されデジタルミラーを採用し先進的。
オーディオシステムには3DサラウンドシステムのDolby Atmosにも対応しています。


Lotus Emeya2 2023-9-8
Lotus Emeya1 2023-9-8

エメヤの生産は2024年に中国武漢にある吉利汽車所有で生産開始する予定。

デュアルモーターの上位モデルでは905馬力で車重はまだ非公開。
テスラモデルSやポルシェタイカンターボSなどのEVセダンに新たに挑戦する事になったロータスがどうライバル達に挑戦するのか楽しみです。


なんか中華っぽいデザインのロータス初のハイパーGT「Emeya」9月7日デビュー決定



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 

コーリンチャップマンが作り風吹裕也が駆ったロータスとはもう別の会社

リヤがクラウンクロスオーバーのもろパクリ
さすが中国製(笑)

LOTUS車のステーションワゴンとコンパクトハッチバックカーとトールワゴンとミニバンがボディタイプに導入するときが来たら乗りたい。
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示