スポンサーリンク

ベルリン工科大学の学生がテスラのグリッチに成功し課金しないと使えない機能をアンロックすることに成功


自動車がインターネットに繋がりシステムのアップデートなどユーザーにとってメリットが多いと思われていましたが、
これは大嘘で現実は元々ついてたいた機能をただロックし、課金しないと使えなくするというクソみたいなサービスが当たり前となってしまいましたが、ベルリン工科大学の博士課程の学生3名が、テスラのインフォテインメントシステムの脱獄に成功し、完全自動運転(FSD)、後部座席ヒーター、その他の機能など、通常は課金しないと使えないサービスを使えるようになりました。
テスラインテリア2 2023-8-6


テスラインテリア1 2023-8-6
Christian Werling氏を含む3人の研究者は、彼らが使用した技術が「電圧グリッチ」と呼ばれるものであることを明らかにしました。彼らはこの技術を使用して、車のインフォテインメントシステムを担当するAMDプロセッサーの供給電圧を操作し、適切なタイミングでこれを行うことで、プロセッサーを「騙して」独自のコードを実行させることに成功しました。

さらに、彼らはこの技術を使用して、テスラのネットワークに対して車を認証するために使用される暗号化キーにアクセスすることもできました。これにより、より深刻な攻撃が可能になりますが、研究者たちはこれらの可能性をまだ調査していないと述べています。

彼らの研究成果は来週、ラスベガスで開催されるBlack Hatセキュリティカンファレンスで発表される予定です。ただし、まだ多くの作業が必要なため、どの機能もテストされていないと指摘しています。

Werling氏は、このエクスプロイトを修正するにはCPUを新しいものに交換する必要があるため、単純なソフトウェアアップデートではTeslaが対応できないことを強調しています。彼らの発見は、自動車のセキュリティに関する重要な懸念を引き起こす可能性があります。



BMWサブスク課金 2022-10-25
BMWやメルセデスベンツなど元々ある機能なのに課金しないとシートヒーターやステアリングホイールヒーター、クルーズコントロール、ドライブレコーター、EV用のパフォーマンスエンジンサウンドシステム、後輪操舵システムなど使用できません。
今回の電圧グリッチと呼ばれる方法でテスラをハックし課金しなくても有料サービスを使えるようになったみたいですが、
あまり現実的ではない方法のようですね。
先日発表されたアストンマーティンDB12も元々ある機能ほとんどがサブスクになってしまったしヒーター機能とか元からある機能でアップデートのしようがないものはその機能を設置する機能を車両価格に入ってるんだから使わせて欲しいわ


ハッキングコンテストで賞金7600万円とテスラをもらえるチャンス


関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示