スポンサーリンク

McLaren Solus GTが今年のグッドウッドで最速タイムを作り優勝!実はあの会社のエンジンを搭載 #FOS


悪天候で中止になった土曜日から無事晴れて最終日を迎えたグッドウッド フェスティバル オブ スピード2023。
今年も最高の車達が集まったイベントでたくさんの新型車やコンセプトカーも登場しました。

FOSのヒルクライムコースのタイムを競うシュートアウトでMcLaren Solus GTが最速タイムを記録し今年のFOSで優勝しました。
Solus GT 2023-7-17



Solus GTのタイムは45,34sec
このタイムは量産車としては歴代最速のマクマートリースピアリングの39.08sec、
NIO EP9の44.32secに続いて歴代3番目に速いタイムでした。


2023年のタイムシュート上位5位は下記の通り
McLaren Solus GT Marvin Kirchhofer 45.34 Seconds
Subaru GL Family Huckster Travis Pastrana 46.37 Seconds
McLaren-Cosworth M26 Michael Lyons 46.89 Seconds
Porsche 911 GT3 Cup Adam Smalley 47.40 Seconds
Nissan Skyline GT-R R32 Jake Hill 48.18 Seconds


こちらはオンボード映像

メルセデスAMG ONEやサーキット専用のアストンマーティンヴァルキリーAMR PROやブガッティボリードに期待していたけどSolus GTが今年一番速かったんだ。


Solus GTは25台のみ生産されるスペシャルモデルで5.2リッターV10自然吸気エンジンを搭載し840PS/650Nm
車重1000kg未満と言うモンスターでダウンフォースは1200kg以上発生させます。

マクラーレンSolus GT1 2023-7-17
マクラーレンSolus GT2 2023-7-17
Solus GTには他のマクラーレンとは異なりブラバムF1マシンやレーシングマシンの他ノーブルのエンジンを開発しているJudd Power社製5.2リッターV10エンジンを搭載し、トランスミッションも他のモデルには無い7速オートマティックシリアルトランスミッションを搭載しています。

0-100km/hは2.5秒、最高速度322km/h
25台全てオーナーに合わせた特別のシートが作られ、シングルボルトの 18 インチ リムは、マクラーレン モデルとしては初となるフレームの一体部分であるエンジンを備えており、カーボン モノコック フレームの外側に追加の構造やサブフレームを必要としません。



マクラーレンSolus GT3 2023-7-17
コンポーネントのほとんどが3Dプリントされたチタン製でブレーキは6ピストンキャリパーとカーボンディスクで構成されています。

エンジンはアウディのV10とか言ってる人が居ますが違いますよ。


謎のV10エンジンを搭載したMcLaren Solus GTの走り



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 

JuddV10ってことはむかーしのLMPカーのエンジンがベースなんかな?
それとも25台のためだけに新規開発したのかな

へー似た排気量のエンジンがあったもんだね
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示