スポンサーリンク

Gran Turismo、実はタイトルが“Sim Racing”だった事を明かす。新車の実装にも早くて8ヶ月掛かる事が判明


現在まで25年間で歴代プレイステーションに登場してきた人気レーシングシミュレーションゲーム「グランツーリスモ」
去年最新作のGT7を発売し、今年は実写映画にもなりました。

歴史の長いタイトルですが実はプレイステーションで開発中だった開発ネームはグランツーリモではなく、シムレーシングだった事をポリフォニー・デジタルスタジオの山内一典氏が明かしました。
山内一典 2023-7-9



グランツーリスモは1992年の開発当時コードネーム「シムレーシング」と呼ばれていました。
当時はGTも小さな新規IPに過ぎず、2年間プロジェクトに取り組み、正式なタイトルとなるグランツーリスモと名前を思いついたのは1994年でした。とインタビューで語っています。

当時は山内氏はソニーミュージックに在籍しており、スーパーファミコンの後継モデルで幻の「任天堂プレイステーション」プロジェクトが白紙になり、ソニーがプレイステーションの開発を進めていた時に設立間もないソニー コンピュータ エンタテインメントで開発がスタートしました。



山内一典 2022-3-19
当時の家庭用ゲームではモータースポーツはとてもニッチなジャンルでレーシングシミュレーションゲームはハードの性能のせいもあって当時は存在していなかったので、山内氏は「シムレーシング」と言う開発ネームでグランツーリスモを作っていたようです。

「今日のシムレーシングは、考えてみれば、ジャンルの名前になっています。もしかしたら無意識だったのかもしれませんが、このコードネームをシム・レーシングにすることで、新しいジャンルを作りたいという私の野心があったのかもしれません。」と述べています。



GT7ヴァルキリー2 2023-7-9
GT7ヴァルキリー1 2023-7-9
質疑応答動画の最後の方では現行の車がゲームに実装されるまでどれくらい期間が掛かるのか?と言う質問に山内氏が答えています。

車のモデリングに掛かる期間は最大で8ヶ月。
なので2023年モデルの車を2023年中にGT7に実装するならメーカーからデータを少なくとも1年、より詳細に作るとなると2年前までにデータを貰う必要があると述べています。と新車の実装にはかなり時間が掛かることが分かりました。

GTーRなど個々の車には新車の発表と同時にゲームに反映される場合がありますが、この場合はメーカーから2年、もしくは3年前にデータを貰っていると述べています。


GTキッズは常に山内さんのツイッターに「これ追加しろ」「あれ追加しろ」とか言ってるけどただ実装するだけなら早くて8ヶ月。より詳細なテクスチャーや車両の技術データを実装するなら2年は掛かるんだそうです。

これだけ労力が掛かるんだからゲームのデータに2万も掛かるのはしゃーない。
GT7ではあれだけ炎上したけどこりゃGT8でも同じく2万課金しないと車に乗れないわ。

【祝チョコボ以下】グランツーリスモ7、PlayStation専用タイトル史上最低のクソゲーとして記録更新



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

やだもう!こらぼったくりなままならPC版アセットコルサに引っ越ーし!引っ越ーし!さっさと引っ越ーし!ニダ😫
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示