スポンサーリンク

V12が消えてしまったけどアストンマーティンDB12がデビュー!これが次のボンドカーか?


アストンマーティンは次世代スポーツカーの第一弾としてアストンマーティンの新時代を告げるスーパーツアラーモデル「「アストンマーティンDB12」をワールドプレミアしました。

DB12ではV12エンジンがついにラインナップから消えDB11 V8と同じくAMG製4.0リッターV8ツインターボエンジンが採用され680PS/800Nmを発揮します。
アストンマーティンDB1216 2023-5-25



アストンマーティンのDB12は、次世代スポーツカーの第一弾として新たな時代を切り拓きます。この大胆な車両は、量子的な変化をもたらし、パフォーマンス、超高級さ、スタイルの新たな基準を設定します。そのエクステリアデザインは、力強さと威厳を完璧に表現しており、一目見ればそのパワーを感じることができます。

DB12は、4.0リッターV8ツインターボエンジンによる680PS/800Nmの最高出力を誇ります。これにより、走りの興奮は新たな次元に引き上げられます。さらに、革新的な機能が融合され、スリリングなダイナミクスと洗練された快適さが実現されます。新しいインテリジェントアダプティブダンパーや電子リアディファレンシャル(E-diff)、アストンマーティン特注の21インチミシュランパイロットスポーツ5Sタイヤを備えたサスペンションシステムなど、最先端のテクノロジーが駆使されています。

インテリアには、最新のアストンマーティンインフォテインメントシステムが搭載され、ドライバー中心のコックピットが特徴となっています。高級な素材と職人技が統合され、極上の快適性を提供します。

DB12の最高速度は時速325km/h、0-100km/hはわずか3.6秒です。納車は2023年第3四半期から開始予定となっており、待ち望むオーナーたちにとって、ますます興奮が高まることでしょう。


アストンマーティンDB1215 2023-5-25
DB12の特徴とも言える新しいLEDヘッドライト。
全体的なフォルムはDB11の雰囲気を保ちながらDBSのようなアグレッシブなデザインを加えたような新しいエクステリアデザインになっています。


アストンマーティンDB124 2023-5-25
インテリアは完全に再設計されておりスタイリッシュさとコネクテッド テクノロジーを融合させた文句のないデザインです。
DB11ではメルセデス製のインフォテインメントシステムを流用していましたが、DB12ではアストンマーティンが自社で開発したインフォテインメントシステムを採用。
Apple CarPlay および Android Autoをサポートしており10.25インチ(1970x720 )マルチスクリーンを備えています。
ナビゲーションシステムはオンライン接続でよりスマートでより有益なエクスペリエンスを実現します。


アストンマーティンもアンロック商法を始める
アストンマーティンDB1214 2023-5-25
ただネットと繋がったしまったのでアストンマーティンもついに課金商法が始まります。
最初の3年間はアプリが無料で使えますがその後は課金しないとナビ、音声アシスタント、盗難警報、リモートロック、GPSなどなどさまざまなサービスが使えなくなります。

まじで車なんてインターネットに繋げるなと思います。



V12エンジンは削除されたがV12エンジンより強力なV8エンジンを搭載
アストンマーティンDB1213 2023-5-25
アストンマーティンDB1211 2023-5-25
アストンマーティンDB1210 2023-5-25
DB11では5.2リッターV12ツインターボエンジンを搭載しましたが、DB12では意外にもV12エンジンがラインナップから消えてしまいました。
DB11 V8やヴァンテージと同じくAMG製4.0リッターV8ツインターボエンジンが搭載されV12ツインターボエンジンよりも34%強力で680PS/800Nmとなっています。

DB12は、アストンマーティンDBモデルで初めて採用された8速オートマチックトランスミッションと、電子式リアディファレンシャル(E-Diff)を備えています。このE-Diffは、車のエレクトロニックスタビリティコントロール(ESC)システムと連携しています。従来のリミテッド・スリップ・ディファレンシャルとは異なり、わずか数ミリ秒で全開から100%のロックまで進むことが可能であり、ドライバーに最大限の応答性を提供し、正確で一貫性のあるハンドリングを実現します。

最新世代のESCシステムと調和するE-Diffは、あらゆる状況で車のコーナリング能力を大幅に向上させます。低速から中速のコーナーでは、DB12は非常に機敏で応答性が高く、フロントエンドの強力なグリップと驚異的なトラクションによって、困難な道路でも活気に満ちた動きを見せます。一方、高速コーナーでは、DB12は全体的な安定性を保ち、大きな自信とコントロール感を与えてくれます。

DB12のテクノロジーは、ドライバーに卓越したパフォーマンスと一体感をもたらし、最高の運転体験を提供します。その優れたハンドリングと革新的な制御システムによって、DB12はスポーツカーの新たな基準を築き上げています。


アストンマーティンDB129 2023-5-25
アストンマーティンDB126 2023-5-25
アストンマーティンDB121 2023-5-25

アストンマーティンが次世代に向け発表する8車種のうちの最初の1台がDB12。
正直DB11のマイナーチェンジと言った印象ですね。
せっかくDB12と言う名前なのにV12エンジンが廃止されたのは悲しいですが、V12エンジンより強力になっています。
こうなるとDBSもV8エンジンになると言う事でしょうか?
そうなるとヴァンテージ、DB12、DBS全部AMG製のV8エンジン?
それとも差別化を図る為、DBSにはV12エンジン、ヴァンテージはマイルドハイブリッドのAMG製4気筒や6気筒エンジンが採用になるんだろうか?

個人的に一番最悪なのがサブスクリプションサービスですね。
3年後からナビなど元からある機能が課金しないと使えないとかほんと車がインターネットなんかと繋がったおかげでよかった点なんて一つもない。
トヨタと同じく課金してGPSや時間などの車両データがどうせ外部に流出する


関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

アストンもグリルでっかくしてく感じ?

どこが変わったのかってくらい進歩無いし古臭い

せっかく変わったライトがなんかダサい
内装はブリティッシュラグジュアリーって感じでいいですね。
3年で売る車だな

コンセプト通りのグリルのデカさ
ホントにこうなるとは思わんかったわ

品質も耐久性も低いもんな

DB11の出来が良すぎた

国産車もこういうデザインの車作れないもんかね

レクサスLCの方が断然美しいな

No title

個人的にはLCは美しいとは思わないなぁ

LCは外見はカッコいいけど
内装がチープよな
まあ日本車だしそこには期待できんけど

3.6秒ってノロ

アストン格好良いんだけど、リセール弱いのが自分的にネック
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示