スポンサーリンク

ランボルギーニ・レヴエルトの名前の由来とは?その意味と背後に隠されたストーリー


ランボルギーニのスーパーカーにはディアブロ、ムルシエラゴ、ウラカン、アヴェンタドール、ヴェネーノなどなどスペインの伝説の闘牛から由来しているのが有名ですが最新モデルの「レヴエルト」も何十年も続く伝統からその名を付けられています。

なぜレヴエルトなのか?その秘密など紹介します。
レヴエルト名前の由来1 2023-5-23


レヴエルト名前の由来2 2023-5-23
ランボルギーニは車の名前に闘牛だけを選んだわけではありません。
車の個性にあった闘牛からモデル名が由来となっています。

【レヴエルト】その名前は、ランボルギーニの伝統である闘牛に由来しています。
この伝説の闘牛は1880年8月1日、バルセロナの闘技場で闘われました。
彼は野生の闘牛で、何度も路地に飛び込んだ。反逆者、だから "レヴエルト "と呼ばれた。
しかし、"レヴエルト "はスペイン語で "混在 "を意味し、私たちの最初のスーパースポーツV12プラグインハイブリッド車HPEV(High Performance Electrified Vehicle)にぴったりと当てはまるのでその名前が付けられました。



レヴエルトはV12エンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッドなので確かに混在と言う意味は合っていますね。
反逆者なんていかにもなネーミングでランボルギーニらしいです。



ランボルギーニV12 2023-5-23

闘牛ではなく闘牛関係では闘牛飼育家であるフランシスコ・ガヤルドやドン・アントニオ・ミウラから由来したガヤルドやミウラの他に闘牛剣を意味するエストーケなどコンセプトカーも存在します。



レヴエルト3 2023-4-6
ちなみに闘牛やスペイン語に関係ないLP V12モデルはカウンタック(驚き)とチェンテナリオ(100周年)とシアン(稲妻)です。
ランボルギーニは今後も1800年代の闘牛に関する名前から車名をつけ続けます。

2025年以降にならないと購入すらできないランボルギーニレヴエルトはなぜ電力を20%に制限しているのか?


関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

カウンタックって呼ぶのやめませんか?

クンタッシ

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示