スポンサーリンク

元Appleエンジニアが自動運転の技術を盗んで中国に逃亡したとして起訴


かなり前からアップルは自動車を作っていると報道されていますが米国司法省はウェイバオ・ワン氏(35)をアップルの自動運転技術の盗み出しに関与した容疑で起訴したことを発表しました。ウェイバオ・ワン氏は2016年から2018年までアップルで元ソフトウェアエンジニアとして働いていました。彼が盗んだとされる技術は、中国企業に提供するためのものとされています。

具体的な起訴内容や法的手続きについての詳細は、司法省の発表や公判の進行によって明らかにされることになります。自動運転技術の知識や機密情報は競争力のある市場で重要な資産となっており、その盗用や不正使用に対しては法的な措置が取られる場合があります。
アップル自動運転1 2023-5-17


Steve-Jobs-iCar-01.jpg
ウェイバオ・ワン氏はアップルのデータベースにアクセスできたとされていますが、司法省はそのアクセス権限がアップルの従業員の一部に制限されていたことを明らかにしました。具体的には、アップルの従業員13万5000人のうち、ワン氏は約2700人のアカウントにアクセスできたとされています。

ワン氏は2017年にアップルを退職する4か月前に、無名の中国企業の米国子会社で働くことを引き受けていました。検察当局は2018年にワン氏の自宅を捜索し、証拠を発見したと述べています。

ワン氏はサンフランシスコ国際空港から中国の広州行きの飛行機に乗り、米国から逃亡したと報じられています。イスマイル・ラムジー連邦検事は記者会見で、ワン氏が中国にいると述べ、中国当局が彼を引き渡す場合、彼は最長で10年の懲役刑に処される可能性があると述べました。

ワン氏への起訴は、別のアップルの従業員が同様の企業秘密の盗難事件で有罪を認めた後に行われました。また、2019年には別の中国系従業員も機密情報の盗難で起訴されたと報じられています。これらの事件は、企業の知的財産や機密情報の保護に関する重要な問題を浮き彫りにしました。

アップル自動運転2 2023-5-17
10年も前からアップルから電気自動車が登場すると言われていますが未だアップルカーが登場しそうにはありません。
元アップルのエンジニアが自動運転の技術を盗み出すスパイだったとアメリカに起訴されたのはこれで3例目となります。


今はシャオミやファーウェイも電気自動車に参入を発表していますが、早く巨大企業の電気自動車を見てみたいですね。
日本はソニーホンダがコケたら本当終わりそう。


Apple carが再び延期 完全自動運転は現時点で実現不可能で2026年以降に延期

ポルシェ、アップルと共同プロジェクトについて話し合っている事を認める。アップルカーの事?


関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

結局独自技術も無くスパイ活動でパクらなきゃ何も出来ないのが中国

盗んだ技術で走り出す

不正まみれの欧州車といいパクリまくりの中国車といい、やっぱ日本車がベストだよね

日本車も不正まみれだからなぁ
日本車がベストだと思うなら日本車乗れば良いし、何がベストかは人それぞれだわね
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示