スポンサーリンク

ランチアが待望の新車「Pu+Ra HPE」を発表!往年の名車に倣ったデザインと先進のテクノロジーが融合


イタリアの自動車メーカー、ランチアは新時代に向け新しいコンセプトカーを発表しました。
Pu+Ra HPE コンセプトと呼ばれる電気自動車でPu+Ra はピュアでラジカルを意味し、HPEはHigh Performance Electricを意味しています。
有名なラリーカー「ランチアストラトス」からインスピレーションを得たランチアのこれからを象徴するコンセプトEVです。
Lancia PuRaHPE3 2023-4-16


Lancia PuRaHPE6 2023-4-16
Pu+Ra HPE は、持続可能性にも重点を置いており、天然素材を使用し、リサイクル可能な素材を選択することで、車両の環境負荷を最小限に抑えています。車両の内部には、綿や羊毛のような天然素材を使用しています。
コンセプトのデザインを見るとストラトスとベータHPEを彷彿とさせるデザインだとすぐ理解できます。

電気自動車で航続距離は700km以上走行可能ですが詳細なスペック等はまだ発表されていません。




Lancia PuRaHPE8 2023-4-16
Lancia PuRaHPE7 2023-4-16
Pu+Ra HPEのインテリアには、快適さと贅沢さが融合された、上質でモダンなデザインが取り入れられています。イタリアの家具会社カッシーナとの協力により、車内空間は家具のような温かみと居心地の良さが演出されています。

インテリアは、幾何学的な形状と上質な素材を組み合わせてデザインされており、シートはカッシーナ アームチェアのような優雅なデザインにインスパイアされています。さらに、50%がリサイクル素材で作られた素材を使用することで、環境に配慮した持続可能なデザインも実現されています。

Pu+Ra HPEのインテリアデザインは、高品質な材料と持続可能性への取り組みに重点が置かれ、エレガントで居心地の良い空間を提供しています。このデザインは、ランチアの10年間の開発計画の柱の1つであり、ブランドの新しいデザイン言語を象徴するものとなっています。乗客にとって、車内のアットホームな雰囲気は、快適なドライブ体験をもたらすことでしょう。


Lancia PuRaHPE2 2023-4-16
Lancia PuRaHPE5 2023-4-16
ドアパネルがMARM\MOREで覆われていることにより、ランチアは持続可能性への取り組みを示しています。この材料は、大理石の粉塵廃棄物を再利用することで、自然な色で作られたリサイクル生地でできており、手触りが柔らかく、防水性があります。これにより、ランチアは高品質な内装材料を使用しながら、環境にやさしい方法で生産できることを示しています。

また、インフォテインメント システムには、サウンド エア ライト オーグメンテーション (SALA) システムが搭載されています。このシステムは、HALL 仮想インターフェイスと連携して機能し、ドライバーと助手席の乗客がボタンに触れるだけで車内環境を好みに合わせて調整できるようにします。さらに、声を使って操作することも可能であり、より安全かつ利便性の高い操作が可能となっています。このような先進的なシステムを採用することにより、ランチアはドライバーと乗客の快適性を高め、同時に持続可能性への取り組みを示しています。



Lancia PuRaHPE4 2023-4-16
コンセプトなので自由なんですが、100%量産される時はこのデザインのほとんどが現実的なデザインになるのが分かるコンセプトですね。

中国のEVメーカーのように技術面でも驚くような事は一切ないしランチはこのデザインをベースに今後10年間で電気自動車を投入していきますがユーザーが求めているのはストラトスなので電気自動車メーカーになるならストラトスのようなEVラリーマシンを発表して欲しかったですね。



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

色黒にしたらちょっとだけマシになるかな?
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示