スポンサーリンク

アストンマーティンDB12がニュルでテスト開始 アメリカではすでにDB14まで商標出願済み


今年後半にデビューする事が予定されていて現在開発中のアストンマーティンDB11の後継モデルがニュルブルクリンクでテストしているところ目撃されています。

どうやら次期モデルでも引き続きV12エンジンを採用するようですが、ヘッドライトとフロント以外の全体的なフォルムは6年前のDB11とあまり変化がないようにも見えます。
DB12 2023-3-25



会社全体で電化を進める中、開発中のDB12ではハイブリッドの稲妻マークも付いていないのでV12ツインターボエンジンのままのようです。
現行のDB11ではV12エンジンの他にもAMG製4.0リッターV8ツインターボエンジンもあるので次期モデルは複数パワートレインの中で電化が行われる可能性があります。
V12エンジンモデルは引き続き生産されるようですが大きな変化はないのかもしれません。



DB12アストンマーティン 2023-3-25
アストンマーティンはアメリカのUSIPOに「DB12」と言う名前を3月17日に商標出願しているのが見つかっています。
アストンマーティンは2014年にもアメリカでDB10〜DB14まで出願申請済みで、DB10は007スペクターに登場するボンドカーに使用され、DB11はDB9の後継モデルとして2017年に生産され、その他現在まで未使用となっています。

ちなみに今回出願された「DB12」では自動車を対象するクラス12で出願されたのでDB11の後継モデルはDB12としてアメリカで発売されるのはほぼ間違いありません。
アストンマーティンは他にも「おもちゃ」「朝食用シリアル」など全ての部門で「DB12」をアメリカで申請しています。


アストンマーティンDB12は今年後半デビュー。DB11から小さな変化しかない模様





白間 美瑠(著), 東 京祐(著)





関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示