スポンサーリンク

BMWデザイナー「大画面のインテリアは規制により廃止される可能性が非常に高い」ソニーホンダどうすんだよ


最近の電気自動車を筆頭に今現在発表される自動車のほとんどが大画面のタッチディスプレイを採用しています。
アルファロメオや高級車のロールスロイス、ベントレー、パガーニなど一部のメーカーはこのトレンドには乗らず独自のインテリアデザインで勝負しています。

BMWのデザイン部門ディレクターのDomagoj Dukecは先日CES2022で発表したi Vision Dee プロトタイプで披露したヘッドアップディスプレイが今度のトレンドとなり、大画面のタッチディスプレイは10年以内に無くなると予想しています。
BMW ivision dee3 2023-1-8



AFEELA2 2023-1-8
ソニーホンダが2026年に納車を始める予定のAFEELA(アフィーラ)を始め、メルセデスベンツなどもこの手の大画面を採用しています。
ただ、このインテリアはドライバーの注意散漫による事故の主な原因であり、規制によってこのデザインを禁止せざるを得なくなる可能性があり、10年後にはこのスクリーンは無くなる可能性があると述べています。


BMW ivision dee2 2023-1-8
BMW ivision dee4 2023-1-8
BMW i Vision Dee には大きなディスプレイは搭載していません。
Oliver Zipse CEOはフロントガラス全体に投影するAR技術を使ったヘッドアップ ディスプレイが今後置き換わることを確信していると述べています。
BMW Neue Klasseプラットフォームに基づく電気モデルの HUD とダッシュボードがどのように見えるか画像も公開しています。

今後もHUDテクノロジーがさらに進化しドライバーは視線を前からずらす事なく安全に運転できるシステムを開発していきます。
bmwゲーム4 2022-10-13
BMWも大型ディスプレイの自動車を作っていますがHUDを搭載した自動車はまずBMWから発売されるでしょう。


フォルクスワーゲンが路線変更「タッチパネルは不評なので物理ボタンを復活させます」



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示