スポンサーリンク

イタリア警察のパトカー(ランボルギーニ)が臓器を輸送に再び活躍


ランボルギーニがイタリアの警察に寄贈したウラカンによって臓器移植を待つ二人の患者に2つの腎臓が運搬されました。
2つの臓器はイタリア北東部のパドヴァから数百キロ離れたモデナとローマの病院に運ばれました。
3.2秒で0-100km/h、最高速度300km/h以上出せるウラカンは2017年に警察に寄贈されました。
ランボルギーニパトカー1 2022-12-22



ランボルギーニパトカー3 2022-12-22
ランボルギーニパトカー4 2022-12-22
ランボルギーニパトカー2 2022-12-22
https://www.facebook.com/poliziadistato.it/posts/3038038286341925

国立移植センターとイタリアの州警察との協力で行われたプロジェクトで2年前にも同様に臓器を運ぶ為にこのウラカンが使用されました。
以前2009年にガヤルドが警察に贈られましたが現在は博物館にガヤルドのパトカーが保管されています。

二人とその家族には最高のクリスマスプレゼントだったでしょう。
これが日本ならいくら寄贈されたとは言え「維持費は税金か?」とかで10000%炎上する。

イタリアの警察は2時間で500kmを走るランボルギーニで移植手術を行う子供に臓器を輸送





金村美玖(著), 佐藤佑一(写真)





関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示