スポンサーリンク

フェラーリ499Pの年内開発テストが終了&コルベットE-Rayが偽装無しの状態で発見


フェラーリは2023年から耐久レースのトップカテゴリーLMHクラスに参戦する新型マシン「フェラーリP499」の最終テストを終えた事を発表しました。。
フェラーリ499Pは7月に初めてサーキット走行を行いこれまで合計16,000キロ走行しました。
2022年の開発は終了しますが、来年から再びセブリングのデビューに迎えテストが行われます。
ferrari-499p-vallelunga-test-2022 2022-12-22


499P2 2022-12-22
499P1 2022-12-22
296GTBのV6ツインターボエンジンに電気モーターを組み込んだハイパーカークラス専用のマシンでフェラーリは50年ぶりにトップカテゴリーに帰ってきます。
トヨタGR010ハイブリッドと同じ3.0リッターV6ツインターボハイブリッドエンジンで馬力もルールにより同じになりますが参戦1年目でどこまでトラブル無しで走れるのか楽しみです。




先日公式サイトのビジュアライザーからリークされ他ハイブリッド版となるコルベットE-Rayが偽装されていない状態で目撃。
ボディにはZ06と書いてありますがハイブリッドモデルのようです。
ルーフ部分を見るとコンバーチブルっぽいですね

初のハイブリッドモデルとなるコルベットE-RAYがリーク!これフェラーリSF90イーターになりそう


関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示