スポンサーリンク

アンリアルエンジンも採用したロータス初のハイパーSUV「Lotus Eletre」が1400万円から発売開始


イギリスのロータスがチャイナマネーによりやっと完全新規モデルとして発表した電気SUVの「ロータス・エレトレ」の価格やグレードなど詳細な情報が先ほど解禁されました。
グレードはEletre、Eletre S、Eletre Rの3バージョンで展開し価格は日本円で約1400万円〜
603馬力or905馬力の2のEVパワートレインから選択可能になっています。
Lotus Eletre5 2022-10-25


Lotus Eletre12 2022-10-25
エレトレにはECARXとHERE Technologiesとの共同で開発された新しいオペレーションシステム「Lotus Hyper OS」を初搭載。
車内には没入型オーディオシステムのDolby Atmosに対応し、車の開発にはドイツニュルブルクリンクでテストしています。

最上級モデルのエレトレRには905馬力を発揮する世界最速のデュアルモーターを搭載したパフォーマンスSUVになります。

Lotus Eletre3 2022-10-25
エレトレはイギリス・ドイツ・中国の開発者達によって作られたSUVで納車は2023年上半期から始まります。
ロータスの歴史の中で初めてのSUVで2シーターのスポーツカータイプは万人向けの車ではなく、あらゆるユーザーにロータスの良さを知ってもらう万人向けの車です。


Lotus Eletre14 2022-10-25
エレトレとエレトレSにはシングルモーターを搭載し603馬力/710Nmで最大航続距離は600kmとパワーと走れる距離共に優秀で、
エレトレRはデュアルモーターを搭載し905馬力/985Nm、最大航続距離は490kmになります。
112 kWh バッテリーは急速充電を利用すれば20分で10%〜80%まで充電可能です。


Lotus Eletre16 2022-10-25
Lotus Eletre6 2022-10-25
Lotus Eletre1 2022-10-25
ロータスエレトレにはエンドツーエンドの自動運転 (AD) 技術をサポートする量産車では世界初の展開可能な LIDAR 技術も標準装備されています。
ゲームなどで使用されるアンリアルエンジンを採用したユーザーエクスペリエンスとUIを採用しQualcomm 8155チップを搭載しているのでリアルタイム3Dリッチコンテンツが使用できます。

最上級モデルのエレトレRだと2200万円〜
ロータスはこれまで2ドアスポーツカーしか発売してこなかったしこれなら新規顧客を獲得できるのでSUVモデルの成功は約束されていそうですね。

ニュルブルクリンクで開発されているのはエレトレだけではなく、エヴァイヤもニュルでsエミュレーターを利用しており、今後はニュルブルクリンク北コースを自動運転で走る技術も現在開発している事も明らかにしました。



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示