スポンサーリンク

ランボルギーニ博物館にて1968年ランボルギーニミウラロードスターが展示


先日最後の1台が生産されたアヴェンタドールにも影響を与えたワンオフモデルの1968年ミウラロードスターが技術博物館のMUDETECで11月30日まで展示されます。
このミウラロードスターはラメ入りスカイブルーのボディカラーにホワイトレザーのインテリア、レッドカーペットが特徴です。
ランボルギーニ ミウラ ロードスター6 2022-10-18


ランボルギーニ ミウラ ロードスター5 2022-10-18
ランボルギーニ ミウラ ロードスター4 2022-10-18
ランボルギーニ ミウラ ロードスター2 2022-10-18
ランボルギーニ ミウラ ロードスター3 2022-10-18
ミウラ ロードスターには、サイド ウィンドウやルーフ クロージャー システムがないため、ベルトーネのスタイリストは独自の純粋なラインを維持することができました。ミウラのセダンと比較して多くの美的変更が加えられ、後部は完全に再設計されてエンジンが完全に露出したままになり、通常は天井に取り付けられていたキャビン内部のシリンダーコントロールスイッチが別の位置に移動しました。

1968年のジュネーブモーターショーに再び登場した後、ロードスターはサンタアガタ・ボロネーゼに送り返され、伝説的なラン・ボルギーニのテストドライバー、ボブ・ウォレスによって実施されたロードテストが行​​われました。カロッツェリア ベルトーネに戻ると、この車は国際鉛亜鉛研究協会 (ILZRO) に売却され、ILZRO は大幅な改造が行われ、内側が緑の濃いオリーブグリーンに再塗装され、ZN 75 と改名されました。

ランボルギーニ ミウラ ロードスター1 2022-10-18
こちらがミウラロードスターと同じカラーリングが施された最後のアヴェンタドールウルティメロードスター。
最後のアヴェンタドールはスイスのオーナーに納車されます。


関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

次期V12はいつ発表されるかなぁ
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示