スポンサーリンク

来週デビューする次世代フォードマスタング、なんとハイブリッド無し!電化は2030年から


日本時間の9月15日にデビューする第7世代となるフォードマスタング。
マスタングも10年前後のスパンでモデルチェンジを繰り返すモデルで現行モデルではV6の他に4気筒モデル、そしてマスタングマッハE(電気SUV)があるのでいよいよハイブリッドなど電化が行われると誰もが思っていましたが、
なんと第7世代ではハイブリッドエンジンはラインナップに加えず、スポーツモデルではAWDはなく後輪駆動のみになる事が噂されています。
Ford-Mustang 2022-8-30


2023年フォードマスタング4 2022-8-21
マスタングは次世代でも大排気量の5.0リッターV8ガソリンエンジンは引き続き提供され第7世代は2023年から約8年間発売し、2030年近くに電化される第8世代のマスタングがリリースされる予定です。

長年噂されていたハイブリッドシステムはV8エンジンと2つのeモーターをフロントアスクルに組み込んだAWDモデルと言われていましたが、このハイブリッドの構想が無くなった事によりAWDも無くなり後輪駆動設定のみになったと言われています。


ちなみにハイブリッドが廃止になった理由はEVのマスタングマッハEが原因と言われています。
これはBEVとICEでは二酸化炭素排出量を相殺しているため、ハイブリッドが不要との判断です。
Mustang_CJ_1400_ (2)
フォードは過去にマスタングマッハEのバッテリーとモーターを搭載したEVドラッグマシン「コブラジェット1400コンセプト」を過去に発表しており、10年スパンでモデルチェンジする車なので電化は行われるだろうと予想していましたが、第7世代ではこれまでと同じくICEで行く様です。








山田 鐘人(原著), アベ ツカサ(イラスト)






関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

ティーザー出てるけどマイチェンじゃなくて代替わりなの?それとも実際思っクソ別のやつ出てくるんだろうか。クライスラーも電気自動車のマッスルカー出してきたしこの界隈が次どうなるかは期待してる。ポンティアック消えたけどシボレーでもいいからそろそろトランザム復活してもいいのよ?
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示