スポンサーリンク

リマックネヴェーラがアメリカの環境保護規制をクリアいよいよ納車の準備が整う


EVハイパーカーのリマックネヴェーラは環境保護庁(EPA)とカリフォルニア大気資源局(CARB)から正式ホモロゲーションをもらい数週間後にはついに納車が始まります。

EPAのリストには2022年モデルとしてネヴェーラは一充電渡航距離460kmと正式に記載されます。
リマックネヴェーラ1 2022-7-12


リマックネヴェーラ2 2022-7-12
リマックネヴェーラ3 2022-7-12
リマックネヴェーラは1914馬力を発生させるEVハイパーカーで今年初めにアメリカでのクラッシュテストをクリアし、
2019年には自社でも6台のプロトタイプを破壊し安全性を高めてきました。
衝突試験と排ガス規制をクリアできたのでこれから8月にはアメリカで第一号車が納車される予定です。

世界限定150台でこれから世界中に納車が行なわれ、同じパワートレインのピニンファリーナバッティスタもこれから納車が始まります。


関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示