スポンサーリンク

フェラーリ、アストン、マクラーレンなど少量生産メーカーはC02排出削減目標を免除される事が決まる


EU主導で進められているCO2排出削減目標で既にディーゼル技術は死に、ガソリンエンジン車の販売を終了しEVへとシフトチェンジする自動車メーカーも増えており、トヨタやフォルクスワーゲンなど資金力がある大手自動車メーカーは対応できますが、小規模生産のメーカーにも同じ規制が課せられており厳しい状態でしたが、
ferrari emblem 2022-7-5



フェラーリやマクラーレン、アストンマーティン、ランボルギーニなどニッチ向けのスーパーカーメーカーは当初、2029年までに厳しい排出ガス制限を満たし、全ての自動車は2035年までに100%CO2を削減する必要がありました。

ですが、マクラーレン、アストンマーティン、パガーニ、ブガッティ、リマック、ケーニグセグを代表する欧州小型自動車メーカー同盟(ESCA)はスーパーカーはモデルサイクルが長く、これらのスーパーカーは排出量への全体的な影響が限られており、ブランドはフォルクスワーゲンやトヨタなどに比べてリソースが限られているため、スーパーカーメーカーに特別な規則を適用する必要があると主張していました。


欧州連合は年間22,000台未満の自動車メーカーは排出量を削減するための免税協定を2035年まで延長すると報道されています。
これにより2029年までに厳しい排出ガス制限を満たす必要があった小規模生産のスーパーカーは6年間寿命が伸びた事になります。
これは1モデルサイクル相当の猶予が与えられたと言う事になります。
デイトナSP3 2022-7-5
マクラーレンスピードテール ルーフスクープ (4)
カウンタック日本第1号車5 2022-6-24
フェラーリやマクラーレンは既にプラグインハイブリッド車を販売しており、ランボルギーニも2024年から全車ハイブリッドへと移行し、フルエレクトリックモデルの生産も予定しています。

スーパーカーはトヨタやフォルクスワーゲンと違って6年間排ガス規制が免除された形ですが最終的にはハイブリッドも終わりになりガソリンエンジン車はサーキット専用もしくは合成燃料でのみ走る事が許されそうです。



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

金持ちの勝利か。
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示