スポンサーリンク

AMG初のフルエレクトリックモデル「Vision AMG」のデザインがなんかアジアンカーっぽいと話題


メルセデスベンツはエンジンを捨て将来「電気」へと完全移行することが決まっています。
既にメルセデスベンツでは電気自動車のEQシリーズを市販化しており、パフォーマンス部門のAMGもハイブリッドモデルを導入しEVへの準備は済んでいます。

今回公開されたVision AMGはメルセデスAMGの未来のEVパフォーマンスカーのショーカーでデザインもこれまでのメルセデスベンツとは大きく異なる新たなデザインが採用されています。
ビジョンAMG4 2022-5-20


ヴィジョンAMGにはメルセデスのスリースター型のヘッドランプ、独自のリアスポイラー、短いオーバーハングなど新たなプロポーションで生み出される電気自動車の中には専用開発されたAMG.EAプラットフォームが使用されています。
AMG.EAプラットフォームは今後発売されるAMG製電気自動車用に現在開発中の新型プラットフォームです。




ビジョンAMG2 2022-5-20
モノリシックとラディカルなエクステリアデザインのビジョンAMGはロングホイールベースに前方に配置された鋭く傾斜したAピラー、短いフロントオーバーハング、空力的に最適化されたリアオーバーハングなどこれまでの車とは大きく異なるデザイン言語を採用しています。



ビジョンAMG5 2022-5-20
電気自動車なのでフロントに大きなラジエーターグリルは必要ありませんが、
ブランドイメージを象徴する顔なのであえてクラシカルなデザインを引き続き採用。
もちろんグリル部分は開いていません。


ビジョンAMG3 2022-5-20
ビジョンAMG6 2022-5-20
マフラーかと思わせるようなテールライトはLEDでヘッドライトと同じく様々なアニメーションパターンで表示出来ます。


ビジョンAMG1 2022-5-20
実験的に発売されたSLS AMGエレクトリックドライブ、そして一部のハイブリッドモデルに搭載されるE PERFORMANCE、完全EVの「EQ」に続きついにパフォーマンスモデルが電気自動車になりました。
ついにメルセデスAMG製EVスーパーカーが登場する準備が整ったわけですが、新開発のAMG.EAプラットフォームは車軸の間の車の床にバッテリーパックがあるにもかかわらずEQSよりもさらに低く位置した設計のおかげで4ドア構成にしても十分なスペースを提供できるようになっています。

AMGの電気自動車は2025年には発売される予定です。

関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示