スポンサーリンク

アストンマーティンCEOが辞任を発表。後任には元フェラーリCEOが就任


2年前にアンディパーマーに代わってAMGの代表からアストンマーティンCEOになったトビアス・ムアースさんがアストンマーティンから去る事が発表されました。
後任には元フェラーリCEOのアメデオフェリーサさんが引き継ぎます。
辞任の原因はアストンマーティン会長のローレンス・ストロールとの対立が原因と言われています。
トビアス・ムアース2 2022-5-4


元フェラーリCEOが中国企業の特別顧問2 2021-5-1
トビアス・ムアースさんはAMGのボスでメルセデスAMG ONEの開発にも携わり、
アストンマーティンに入ってからヴァルキリースパイダーを発表し、同ブランドを電化する事を決め、2024年にはV6Hybridのヴァルハラ、そして2025年にはフルエレクトリックのスポーツカーを発表します。
辞任を発表しましたが、引き継ぎの為7月までアストンマーティンに在籍し、後任には元フェラーリCEOだったアメデオフェリーサさんが8月に正式に就任します。



HongqiS91 2021-4-21
HongqiS94 2021-4-21
アメデオフェリーサさんはちょうど1年前に中国の新興EVメーカーSilk-FAWの特別顧問に就任し
1400馬力を発生させるハイブリッドハイパーカー「紅旗S9」を公開していました。

フェラーリ元CEOが中国製ハイパーカーを作る企業の特別顧問に任命


トビアス・ムアース1 2022-5-4
アストンマーティンは2週間前に電化プロジェクトの「レーシンググリーン計画」を発表したばかり。
トビアス・ムアースさんが2年前にアストンのCEOになった時にラグジュアリーEVブランドのラゴンダを白紙に戻し、
ヴァルハラに搭載予定だった自社開発の3.0リッターV6ツインターボエンジンの開発を終了し、AMG製V8ツインターボエンジンに変更する事など決めたので、レーシンググリーン計画もまた色々話が変わって行きそうです。



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

ここ5年余りでぐっちゃぐちゃになってんな

デザインも技術も旧態依然とした化石
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示