スポンサーリンク

【悲報】パフォーマンスモデルのAMGが全く売れずオワコン化 みんな EVしか買わない


メルセデスベンツは半導体不足問題など抱える中2022年第1四半期の販売台数を発表。
全体的な数字は501,600台(-15%)とやはり半導体不足問題が強く影響していましたが、
需要が落ちているわけではないので未来は明るいです。
ただハイパフォーマンス部門のAMGは不調ですべてのAMGモデルの売上高は昨年の第1四半期と比較して40.2%も減少しているのがわかりました。
amg 2022-4-9


当然半導体不足問題も売上減少の原因の一つである事も考えられますがそれでも合計で6,985台と大幅に減少しています。
一番売れたAMGモデルはAMG GTで942台となっています。
そしてSUVモデルも乱発しまくっているせいか売上台数は減少しており、GLEが4.1%減少、GLSが17.7%減少しています。
メルセデスAMGGTトラックシリーズ8 2022-3-24




Mercedes-AMG EQS 53 4MATIC_4 2021-9-6
特に高級モデルが好調でSクラスが161%、マイバッハは67%も多く売れました。
EVモデル(ハイブリッドも含む)は売上高の37%を占めており67,800台中21,900台が電気自動車で+210%も増加しました。
調査の結果、メルセデスベンツの顧客はトップエンドモデルを含む全てのセメグメントで電動車両に対する強い需要がある事がEV及びプラグインハイブリッドの販売台数で証明されておりメルセデスベンツは4月19日に発表するEQS SUVを発表する事でさらに変革を加速させます。

ちなみに2022年の第1四半期に最も売れたのがGLCで100,400台
新型GLCは6月に新モデルが登場します。



2022-mercedes-benz-EQSfront-quarter 2021-4-18

ほとんどの市場で供給不足が原因で-20%前後販売台数が減少していますが、電気自動車は+210%と販売台数はまだまだ少ないものの驚異的な伸び率を示しています。

関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示