スポンサーリンク

【これも時代のせいか】かつてはスーパーカー扱いだったメルセデスベンツSLクラスに4気筒モデルが登場


4つ目時代のSLは強力なV12エンジンを搭載しフェラーリやランボルギーニなどと一緒に走行イベントなどに参加するスーパーカー扱いで人気でしたが、いつの間にかただの高級ロードスターへと人気が落ちて生産終了。
最近になり、SLクラスがV8ツインターボエンジンを搭載しAMG SLとして新生しましたが、AMG SLにエントリーモデルとして4気筒ターボモデル「Mercedes-AMG SL 43」が追加されました。

AMG SL 43はただの4気筒モデルではなく、量産車では初めて電気エキゾーストガスターボチャージャーを搭載した革新的な車でこのテクノロジーはフォーミュラ1から派生した新しいターボ技術です。
メルセデスAMGSL436 2022-4-6


以前からeターボシステムはアウディなどがコンセプトカーに搭載し、当時まだ未発表だったブガッティシロンに初めて搭載されるのでは?と期待されていた技術でした。
メルセデスベンツAMGはF1テクノロジーを組み合わせた電気ターボシステムのおかげで2.0リッター4気筒エンジンでもレスポンスが向上し運転の楽しさが増すのと同時にドライブシステムの効率性が向上します。

電気エキゾーストガスターボチャージャーの原理はメルセデスAMGペトロナスF1チームが使用しているのと同じ技術に基づいています。
ターボチャージャーシャフトの排気側のタービンホイールと吸気側のコンプレッサーホイールの間には、約4cmの薄さの電気モーターが直接組み込まれています。電子制御により、ターボチャージャーのシャフトを直接駆動し、排気ガスの流れが従来どおりにコンプレッサーホイールを駆動し始める前にコンプレッサーホイールを加速します。
2023AMG-SL-43 2022-4-6
これにより、アイドル速度からの即時応答とエンジン速度範囲全体が大幅に向上します。
全体的な運転体験がよりダイナミックである一方で、燃焼エンジンはアクセルペダル入力にさらに自発的に反応します。
さらに、ターボチャージャーの電動化により、低回転でより高いトルクが可能になります。
これにより、敏捷性が向上し、停止状態からの加速が最適化されます。ドライバーがアクセルから足を離したりブレーキをかけたりしても、電動ターボチャージャーの技術は常にブースト圧を維持することができます。これにより、継続的な即時応答が保証されます。

48ボルトの車載電気システムを介して動作するターボチャージャーは、最大170,000 rpmの速度で動作し、非常に高い空気流量を可能にします。ターボチャージャー、電気モーター、パワーエレクトロニクスは、燃焼エンジンの冷却回路に接続されており、常に最適な温度環境を作り出します。内部で名前が付けられたM1392リッター直列4気筒エンジンと組み合わせて、SL 43の革新的なテクノロジーは、6750rpmで280kW(381 hp)の定格出力を生成します。480 Nmの最大トルクは、3250rpmから5000rpmの間で利用できます。状況に応じて、システムはベルト駆動スタータージェネレーター(RSG)から短時間で10 kW(14 hp)の追加ブーストも保証します。
メルセデスAMGSL435 2022-4-6
メルセデスAMGSL434 2022-4-6
メルセデスAMGSL433 2022-4-6
メルセデスAMGSL432 2022-4-6
メルセデスAMGSL431 2022-4-6
0-100km/hは4.9秒
最上級モデルで4.0リッターV8ツインターボエンジンを搭載したSL634MATIC +よりも1秒増加しています。

以前から4気筒のSLは噂されていたけど電気ターボはちょっと魅力的ですね。
現代のターボチャージャーもレイテンシーはかなり抑えられていますが、電気モーターを追加して更に短縮して効率を高めているんでしょう。
既に発売されているV8モデルのAMG SLと比較してエクステリアデザインも少し変更されていますが、優雅さは伝統のSLそのもの。
メルセデスベンツのフラッグシップモデルのエントリーモデルとの事で価格の発表が待たれます。


新しくブランドのアイコンとなるMercedes-AMG SLがついにデビュー

関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示