スポンサーリンク

【レースで勝つために鍛えたクルマを公道に】トヨタGRカローラ世界初披露


昨日リークされましたが、先ほど正式にトヨタGRカローラ(北米仕様プロトタイプ)が世界初公開されました。
カローラスポーツと比較しフロントフェンダーを片側20mm、リヤフェンダーを片側30mm拡大しよりワイルドなデザインに変更されGRヤリスにも搭載されている1.6リッター直列3気筒インタークーラーターボエンジンをさらにきょうかし304PSを発揮。
同じくGRヤリスに搭載されたスポーツ4WDシステムGR-FOURをGRカローラ仕様に最適化して搭載した5ドア5人乗りのハイパフォーマンススポーツカーです。
GRカローラ7 2022-4-1



GRヤリスから進化を遂げた1.6リッター直列3気筒インタークーラーターボエンジンを更に高出力化するため生まれた3本出しマフラーが、GRカローラならではの力強くスポーティーなリヤビューを強調しています。
カローラスポーツのボディを基本骨格とし、ロングホイールベースによる優れた走行安定性はそのままに、フロントを60mm、リヤを85mmワイドトレッド化することにより、高速旋回性能を高めました。スポーツ走行時の安定性・コントロール性が大幅に向上。
GRカローラ3 2022-4-1
GRカローラ2 2022-4-1
変わったデザインのマフラーですが左右のマフラーはおそらくマクラーレンセナと同じく消音性能の為なので本来なら一本出しセンターマフラーで迫力のあるサウンドだったはず。


GRカローラ6 2022-4-1
GRカローラ5 2022-4-1
ヨタのラリーで開発されたGR-Four All-Wheel-Drive(AWD)ドライブトレインとペアになっています。このシステムにより、ドライバーは前輪と後輪に60〜40、50〜50、または30〜70の配電を選択できます。GRカローラは、その実践的なラリーレーシングのルーツに忠実であり続け、マニュアルトランスミッションでのみ提供されます。


GRカローラ1 2022-4-1
GRカローラ4 2022-4-1
20220401_01_11_s 2022-4-1
20220401_01_13_s 2022-4-1
赤いGRカローラはベースモデルのコアエディションでマットグレイのGRカローラサーキットエディションには鍛造カーボンファイバールーフやボンネットにはベント付きフード、スポーティーなリアスポイラーのほか、フロントアクスルとリアアクスルにトルセンリミテッドスリップデフが付属しています。
サーキットエディションは2023年に発売される限定モデルになります。
304PS/370Nm、車重1475kg
6速マニュアルトランスミッションとスポーツ4WDシステム“GR-FOUR”を搭載したGRカローラ。
パフォーマンス数値や価格はまだ発表されていませんが、日本では2022年後半から発売を予定しています。
MY23_GR-Corolla-Circuit-Edition_Exterior_Montage 2022-4-1
コアエディションと限定版のサーキットエディションでは結構デザイン変わりますね。
ちなみに発売年限定でモリゾウのサイン入りシフトノブが追加されます。(北米市場のみ)





関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

社外マフラーにしたら軽量化出来るやん!

サーキットエディション?と通常のGRの違いが結構違うね。
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示