スポンサーリンク

F1カーに近いパフォーマンスを発揮するアストンマーティンヴァルキリーAMR PROが観客を盛り上げる


F1開幕戦となるバーレーングランプリでグローバルダイナミックデビューを果たしたアストンマーティンヴァルキリーAMR PRO。
6.5リッター自然吸気V12エンジンを搭載したハイパーカーはバーレーンGPの観客を大いに盛り上げました。
ヴァルキリーAMR PROは公道やサーキットの規制される事なく究極のパフォーマンス探求したレーシングマシンでV12エンジンは1000馬力、最大エンジン回転数11,000 rpm、ルマンハイパーカークラスの規定を超える空力効率と共にヴァルキリーAMR PROはほぼF1カーに近いトラックパフォーマンスを発揮します。
Valkyrie AMR Pro_Bahrain 2022_08 2022-3-22


ドライバーはポルシェやBMWで活躍していた開発ドライバーのディルク・ミュラーがステアリングを握りました。
ノールールのハイパーカーを初めてバーレーン・インターナショナル・サーキットを走らせると「信じられません。これまで私が運転してきた車とは全く次元が違く、パフォーマンスはF1カーに近いです。パワー、ハンドリング、グリップ、もう全てが完璧だった」と述べています。
Valkyrie AMR Pro_Bahrain 2022_07 2022-3-22


275998119_353773509998286_1908637376477492450_n 2022-3-22
まだプロトタイプなのでインテリアは簡素
左ハンドルのみで生産台数は42台。
ヴァルキリー購入者の内40人のみヴァルキリーAMR Proを購入できます。



Valkyrie AMR Pro_Bahrain 2022_06 2022-3-22
ヴァルキリーAMR PROはハイブリッドシステムを無くしボディにさらにカーボンパーツを使用する事でさらに軽くなり、
コーナーでは最大3Gの横Gを発生させます。


Valkyrie AMR Pro_Bahrain 2022_ 03 2022-3-22
ホイールベースは公道モデルよりも38cm長く、トフロントで9.6cm、リア11.5cm長くなっています。
車の全長は26.6cm長くなりました。


Valkyrie AMR Pro_Bahrain 2022_ 02 2022-3-22
元々ハイパーカークラス参戦する為に開発していたのでルマン24時間耐久レースが行われるサルトサーキットでのタイムは3分20秒で走行できるよう設計されています。
開発にはF1ドライバーのセバスチャンベッテルとランスストロールも参加しています。


ヴァルキリーAMR PRO購入者は世界中のサーキットでのレッスンプログラムに参加する事が可能で
日本では富士スピードウェイでの走行が決定しています。
関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示