スポンサーリンク

レストアされた最初のカウンタックLP500と修復中のミウラSVが展示


ランボルギーニはパリで開催されているRétromobileParis2022にてV12エンジンの象徴とも言えるカウンタックLP500とミウラSVを展示しました。

これはランボルギーニポロストリコ部門が当時の製造方法でフルレストアしたものでジュネーブモーターショー1931で展示され、その後衝突実験テストで破壊されたカウンタックLP500プロトタイプを25000時間かけて復元したたった一台だけのLP500です。
CountachLP5001 2022-3-20


CountachLP5005 2022-3-20
これまでも何例かミウラSVの完全復元は行われていましたが、
破壊されたカウンタックLP500はもうこの世に残っていないので市販モデルのカウンタックLP400第1号車をベースに当時の文献などを参照に復元されました。
タイヤもピレリと協力し設計と寸法が当時のものと一致するタイヤを製造し、道路での使用も可能です。
カウンタックLP500は去年誕生50周年を記念して作られたプロジェクトで特別な顧客に販売されました。


CountachLP5002 2022-3-20
CountachLP5003 2022-3-20
CountachLP5005 2022-3-20
CountachLP5006 2022-3-20
CountachLP5007 2022-3-20
CountachLP5008 2022-3-20
現在修復中のミウラP400SVはボディだけ展示されオリジナルカラーのアランシオミウラ(オレンジ)に塗り替えられます。
内装や機械部分はまだ修復中です。
ランボルギーニもミウラやカウンタック、そしてアヴェンタドールウルティマエまでブランドの歴史の象徴としてV12エンジンを採用してきました。
いよいよ数ヶ月以内に発表される後継モデルは初めてのV12ハイブリッドとなり新たな歴史が始まります。

関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示