スポンサーリンク

あれだけ開発が遅れていたメルセデスAMG ONEの納車が開始!オーナーは?


メルセデス・AMGペトロナスF1マシンに使用されているテクノロジーをそのまま市販車に取り入れたハイパーカー「メルセデスAMG ONE」
2017年にAMG創立50周年記念に発表され世界限定275台のみ3億2900万円で発売され瞬く間に完売。
開発は遅れに遅れ本日やっと完成披露イベントがヤスマリーナサーキットで行われ納車第一号はアブダビのオーナーに納車されました。
AMG ONE納車第一号車2 2022-3-16


AMG ONE納車第一号車3 2022-3-16
AMG ONEには2016年に活躍したメルセデスW05 Hybridの1.6リッターV6ターボチャージャーエンジンをそのまま使用しています。
開発が遅れた大きな理由がその強烈なエンジンのせいでF1マシンのアイドル状態では5000rpm程度ですが、
公道モデルでこんな高回転で維持するのはWLTP排出基準と騒音規制をクリアできず通常のスーパーカーの様にAMG ONEのアイドル状態は1,280 rpmまで落として安定させレッドラインは11,000rpmにまで到達します。
この調整に1年以上時間がかかり納車が遅れに遅れていました。

AMG ONE納車第一号車1 2022-3-16
AMG ONE納車第一号車4 2022-3-16
これがアブダビに納車されたAMG ONE第1号車
バットモービルの様な不気味な雰囲気のマットブラックが非常にカッコ良いです。
AMG ONEにはブレーキング時にパワーを貯めるMGU-Kとターボチャージャーのレイテンシーを無くすためMGU-Hを搭載しF1マシンと同じシステムです。
これらのシステムと高性能な1.6リッターのV6エンジンのおかげで自然吸気のV8エンジン並みのレスポンスを実現し、スペック的にはニュルブルクリンクを6分30秒で到達する事が可能なハイパーカーです。

トランスミッションは軽量化の為デュアルクラッチではなくシングルクラッチの8速シフトを採用。
もちろんMTなんてありません。

当初は2020年納車開始だったのが2021年に延期、また問題発生し2022年に延期でやっと納車が始まりました。
これでマクラーレンスピードテール、アストンマーティンヴァルキリー、メルセデスAMG ONEの次世代ハイパーカーがやっとナンバープレートをつけ公道を走れる様になりました。

開発が遅れていたメルセデスAMG ONEが2021年に納車される事がやっと決定

真のF1テクノロジーを搭載した唯一無二のハイパーカーAMG ONEの開発はいよいよ終盤に

関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示