スポンサーリンク

グランツーリスモ7ではエンジンスワップも出来る事が判明!チューニングの幅が増えまくるぞ


今作から復活するチューニングモード。
グランツーリスモ7ではチューニングショップで購入した各種パーツを車に組み込みアップグレードする事が可能になっていますが、エンジンスワップも可能になっているのが判明しています。
ビデオでは1966年フォルクスワーゲン1200にエンジンモデルM96 / 76-ポルシェ-'01となっているのが判明しており、
ビートルにポルシェのエンジンがスワップ出来ている事が確認されています。
GT7エンジンスワップ 2022-2-3



動画ではノーマルのビートルとチューニングしたビートルの比較シーンがあります。
エンジンコードM96.76は2001年モデルのポルシェ911(996.1) GT3に搭載されたエンジンです。
これはポルシェ962やポルシェ911 GT1などのレーシングカーに搭載されたエンジンから派生したフラット6エンジンだが、GT3には3.6リッターユニットとしてしか搭載されていませんでした。

GT7では見た目のカスタムも可能ですが、おそらくトヨタGR86にフェラーリ458のエンジンをスワップしたりなどフェラーリではホイールすらカスタムは出来ないでしょうが、同じフォルクスワーゲン内だったらOKとか、
GRスープラに2JZ-GTEエンジンをスワップなどは出来そうです。


GT7レイトレーシング 2022-2-3
PS5版のみ対応するレイトレーシングの違い。
ちなみに右側がレイトレーシングONです。





GT7で復活するランボルギーニムルシエラゴLP640のエンジン音は純正ではなかったけど
これはカスタムマフラーを付けられるって事で純正は純正でちゃんとサウンド収録しているのかな?
今作では主にヨーロッパで1台毎にサウンドを収録しているって事ですが、サウンド面では音声版レイトレーシングを使用しているフォルツァの方がまだまだレベルが上だな。

GT7に収録されるランボルギーニムルシエラゴのエンジン音はなぜ純正ではないのか?

音声版レイトレーシングを採用したForza Horizo​​n5のサウンド収録風景が公開

関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

期待以上の仕上がりで散々な予想をしてたことが申し訳なく思える
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示